ガイドライン

(旧版)エビデンスとコンセンサスを統合した潰瘍性大腸炎の診療ガイドライン ―難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班 プロジェクト研究グループ

書誌情報
 
推奨ステートメントと解説


4.軽症〜中等症の活動期の全大腸炎・左側大腸炎における緩解導入治療

4.5 活動期の左側大腸炎に対する5-ASA注腸療法の効果12)

活動期の左側大腸炎型UCにおいて、5-ASA注腸療法は臨床的改善および緩解導入効果を有する:推奨グレードA(Ia・8)

活動期の左側大腸炎型UCにおいて、5-ASA注腸療法の緩解導入効果はステロイド注腸療法より優れる:推奨グレードI(Ia・6)

活動期の左側大腸炎型UCにおいて、5-ASA注腸療法の臨床的改善効果は経口SASPや経口5-ASAよりも優れる:推奨グレードA(Ia・7)

解説: 活動期の左側大腸炎型UCは、5-ASAの局所療法のみで緩解導入が可能であることも少なくないばかりか、経口全身投与よりも優れることも複数のRCTのメタ分析で確認されている。ここで規定した「左側大腸炎」とは、脾彎曲部までの病変という国際的な分類を意味する。5-ASA注腸とステロイド注腸との有効性の優劣を比較すると、5-ASAの優位性を示す報告が多いが、わが国での5-ASA注腸の臨床使用期間が短いこともあり、専門家の評価が十分に得られず推奨度 I にとどまった。

 

書誌情報