ガイドライン

(旧版)エビデンスとコンセンサスを統合した潰瘍性大腸炎の診療ガイドライン ―難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班 プロジェクト研究グループ

書誌情報
 
この診療ガイドラインについて


3.ガイドラインの利用対象と利用環境

UCの診療に携わる医師が診療現場で用いることを想定した。消化器専門医のみならず、日常の診療でUCを診る機会のあるすべての医師が対象と考えられる。現時点ではUCを有する患者を利用対象として考慮していない。

 

書誌情報