ガイドライン

有効性評価に基づく大腸がん検診ガイドライン
平成16年度 厚生労働省がん研究助成金
「がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究」班

書誌情報
添付書類:エビデンステーブル


全大腸内視鏡:直接的証拠

文献 方法 著者 発表年 AF 研究
方法
検診方法 対象数 対象集団の設定条件 受診率 評価指標 評価指標の把握 結果
59 TCF Muller AD 1995 1 症例対照研究 硬性鏡検査、S状結腸鏡検査、全大腸内視鏡検査、内視鏡下治療等全てを含む大腸検査手技 症例群:1988-1992年に大腸がんで死亡した4,358人
対照群:症例の死亡時に生存が確認されている16,531人(生存対照)と、
症例と同一年度に他の原因で死亡した16,199人(死亡対照)
退役軍人男性が98%以上、
平均年齢68-69歳
診断前10年間の大腸関連の検査受検率:ケース2.5%(107人/4,358人)、生存対照7.8%(1,288人/16,531人)、死亡対照8.1%(1,309人/16,199人)。 大腸がんによる死亡リスク 退役軍人が加入している医療保険に受けた検査、治療内容、死亡等の情報が得られる いずれの対照群を用いても、検査を受けることにより、大腸がんによる死亡を約60%減少させることができる。
60 TCF Kavanagh AM 1998 1 症例対照研究 内視鏡検査:
S状結腸内視鏡検査82.4%、
全大腸内視鏡検査17.6%
検診受診群3,195人
検診未受診群21,549人
医療従事者(米国人男性)40-75歳、男性   大腸がんの診断、大腸がん死亡 大腸がん罹患は質問票に対する回答から。大腸がん死亡は家族からの回答、US postalservice, National Death Indexにより把握。 24,744人の男性医療従者に対する1986年から1994年までのコホート研究。
内視鏡スクリーニングにより、全大腸がんの罹患リスクは0.58(95%CI, 0.36-0.96)、とりわけ遠位大腸では0.40(95%CI, 0.19-0.84)、Dukes A&Bに対しては0.66(95%CI, 0.35-1.25)、Dukes C&Dでは0.50(95%CI, 0.20-1.26)。
各種大腸がんリスクを補正すると、大腸がん死亡リスクは0.56(95%CI, 0.20-1.60)であった。
遠位大腸のDukes C&Dに対しては年齢調整大腸がん死亡が0.16(95%CI, 0.02-1.23)と防御効果があったが、近位大腸のDukes C&Dでは0.96(95%CI,0.32-2.91)と効果が認められなかった。

書誌情報