ガイドライン

有効性評価に基づく大腸がん検診ガイドライン
平成16年度 厚生労働省がん研究助成金
「がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究」班

書誌情報
V.推奨レベル


2)便潜血検査免疫法

推奨 A

大腸がん検診として死亡率減少効果を示す十分な証拠があるので、対策型及び任意型検診として、便潜血検査免疫法による大腸がん検診を実施することを強く勧める。便潜血検査化学法に比べて、感度・特異度が同等以上であり、受診者の食事・薬剤制限を必要としない点から、化学法より免疫法を選択することが望ましい。

 

書誌情報