ガイドライン

有効性評価に基づく大腸がん検診ガイドライン
平成16年度 厚生労働省がん研究助成金
「がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究」班

書誌情報
IV.結果


2.検診方法の証拠

6)注腸X線検査

検査方法の概要

わが国では、空気と硫酸バリウムを用いる二重造影法が行われている。検査のための前処置としては、下剤、低残渣食、検査当日の浣腸などを用いる。検査医の判断により、鎮痙剤が使用される。

 

書誌情報