ガイドライン

有効性評価に基づく大腸がん検診ガイドライン
平成16年度 厚生労働省がん研究助成金
「がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究」班

書誌情報
IV.結果


2.検診方法の証拠

5)全大腸内視鏡検査

検査方法の概要

全大腸内視鏡検査による盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸の観察を行う。経口腸管洗浄剤により前処置を行い、前投薬として鎮静剤、鎮痙剤などを用いる場合が多い。検診として行う場合、色素散布、拡大、生検、ポリペクトミーを行うか否かの判断は、検診実施施設により異なる。

 

書誌情報