ガイドライン

有効性評価に基づく大腸がん検診ガイドライン
平成16年度 厚生労働省がん研究助成金
「がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究」班

書誌情報
IV.結果


2.検診方法の証拠

2)便潜血検査免疫法

間接的証拠

感度・特異度については、同時法、がん登録などによる追跡法が行われている(表7)。わが国における報告は、検査の回数(1日法・2日法・3日法)により異なるが、感度55.6〜92.9%、特異度93.9〜97.6%である32,33,52,53,54)。海外の報告ではわが国よりやや低く、感度30〜87%、特異度88〜95.8%以上36,38,39,40,43)である。免疫法、化学法の同時測定でも、免疫法の感度が高いかあるいは同等である32,33,36,38,39,40,43)
Hisamichiらの国内11施設共同研究は、免疫法、化学法の同時測定を行い、その結果に基づき精密検査を行っている32)。化学法と免疫法のROC分析では、進行がんに対する感度は、免疫法で60〜100%(平均85.6%)、化学法は55〜90%(平均81.1%)に分布している。一方、進行がんに対する特異度は、免疫法で95〜100%(平均96.6%)、化学法は75〜95%(平均54.8%)に分布している。この傾向は、早期がんに限定した場合でも同様であった。以上の結果から、感度・特異度共に、免疫法が化学法を上回るとしている。
発見がんでは、外来群(352人)に比べ検診群(194人)ではDukes Aが多い(43.8%、16.8%)。また、生存率も、検診群85.2%、外来群66.9%と有意に高い55)。同様の報告でも、検診群の生存率95.5%であった56)
また、3年以内の検診受診で46%の進行がん抑制効果を認めていることから(OR=0.54; 95%CI, 0.29-0.99)57)、最終的に大腸がんによる死亡率減少効果が期待できる。


表7 便潜血検査の感度・特異度
報告者 報告年 文献NO 真陽性の対象 偽陰性の把握法 追跡期間 化学法 免疫法
方法 大腸がん数 感度 特異度 要精検率 方法 大腸がん数 感度 特異度 要精検率
熊西 1990 31 がん 追跡法(がん登録) 1年間 Guaiac(シオノギB) 13 76.9% 79.9% 20.2%          
2年間 Guaiac(シオノギB) 15 80.0% 79.9% 20.2%
Hisamichi 1991 32 進行がん 同時法(化学法・免疫法)   1日法   70.2% 62.5%   1日法   73.3% 97.6%  
2日法   81.1% 54.8%   2日法   85.6% 96.6%  
早期がん(sm) 同時法(化学法・免疫法)   1日法   46.8% 62.5%   1日法   41.4% 97.6%  
2日法   57.9% 54.8%   2日法   61.3% 96.6%  
Iwase 1992 33 がん 同時法(S状結腸鏡)   Hemoccult II
1日法
18 11.4%     RPHA 1日法 18 61.1%   3.0%
Hemoccult II
2日法
18 38.9%     RPHA 2日法 18 77.8%   5.0%
Hemoccult II
3日法
18 44.4%   7.2% RPHA 3日法 18 88.9%   6.8%
村上 1992 51 がん 追跡法(がん登録) 1年間           RPHA(多種) 14 92.9% 95.8% 8.7%
村上 1993 34 がん 追跡法(がん登録) 2年間 Guaiac(シオノギA) 10 62.5% 86.3% 13.8%          
Guaiac(シオノギB) 7 43.8% 94.1% 5.9%
藤田 1995 52 がん               2日法 24 86.2% 97.1% 3.2%
3日法 25 75.0% 97.6% 2.6%
Nakama 1999 53 がん 同時法(全大腸内視鏡)             Monohaem 1日法 18 55.6% 97.1% 2.9%
Monohaem 2日法 18 83.3% 96.0% 4.0%
Monohaem 3日法 18 88.9% 93.9% 6.1%
松田 1998 54 がん 追跡法(がん登録) 1年間           1日法 209 63.6% - -
Bang 1986 35 がん 同時法(S状結腸鏡)   Hemoccult 12 25.0% 97.6% 2.5%          
Walter 1991 36 がん・腺腫 同時法(化学法・免疫法)   Hemoccult(加水) 19 78.9% 93.8% 11.7% RID 19 87.0% 95.8% 12.0%
Hemoccult(加水なし) 19 57.9% 96.6% 6.4%          
Thomas 1992 37   追跡法 2年間 Hemoccult 111 67.6% - 1.7%          
Rozen 1995 38 がん・腺腫(1cm<) 同時法(全大腸内視鏡)   Hemoccult II Sensa 25 35.0% 84% 12.1% BM-Test Colon Albumin 25 30.0% 90.0% 6.6%
Robinson 1995 39 がん 同時法(全大腸内視鏡)   Hemoccult 3 33.3% 98.0% 3.8% Hemselect 10 70.0% 88.0% 20.3%
Allison 1996 40 がん 追跡法 2年間 Hemoccult II Sensa 34 79.4% 86.7% 12.6% Hemselect 32 68.8% 94.4% 5.9%
2年間 Hemoccult II 35 37.1% 97.7% 2.5%          
Launoy 1997 41 がん 追跡法 2年間 Hemoccult 3日法   64.0%   2.8%          
3年間     58.0%   2.8%          
Tazi 1999 42 がん 追跡法 2年間 Hemoccult II 345 48.7%   -          
Zappa 1999 43 がん 追跡法 2年間 Hemoccult II 93.2(推計)* 50.0%     Hemselect 51.2(推計)* 82.0%    
*proportional incidence methodによる推計値

 

書誌情報