ガイドライン

有効性評価に基づく大腸がん検診ガイドライン
平成16年度 厚生労働省がん研究助成金
「がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究」班

書誌情報
IV.結果


2.検診方法の証拠

1)便潜血検査化学法

間接的証拠

死亡率減少効果に加えて、Mandelらの報告によれば逐年検診で大腸がん罹患が21%減少している30)
化学法の感度算出は同時に施行した内視鏡検査(全大腸内視鏡検査あるいはS状結腸鏡検査)を至適基準とする方法や、免疫法を同時測定しいずれかが陽性であった場合に精密検査を行う方法(同時法)、検診受診者を追跡してがんの見逃しを把握する方法が行われている(追跡法)31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43)(表7)。欧米において、内視鏡検査による同時法でのヘモカルト・テストの感度は大腸がんに対して25.0〜78.9%である35,38,39)。また、追跡法では追跡期間を2年とするとヘモカルト・テストの感度は37.1〜79.4%37,40,41,42,43)であった。便潜血検査化学法と免疫法を同時に行い、陽性者に精密検査を行ったHisamichi、Walterの研究では、いずれも免疫法の感度が化学法を上回っていた32,36)
Towlerらの系統的総括では、加水ありの化学法の感度は81〜92%だが、加水なしの場合は46〜81%であった20)
本邦における検討では感度は、S状結腸鏡による同時法を用いたIwaseの検討では、1日法11.4%、2日法38.9%、3日法44.4%であり33)、追跡期間を1年あるいは2年とした追跡法による結果は43.8〜80.0%であった31,34)。特異度は、わが国では79.9〜94.1%31,34)、欧米では84〜98%である35,36,38,39,40)


表7 便潜血検査の感度・特異度
報告者 報告年 文献NO 真陽性の対象 偽陰性の把握法 追跡期間 化学法 免疫法
方法 大腸がん数 感度 特異度 要精検率 方法 大腸がん数 感度 特異度 要精検率
熊西 1990 31 がん 追跡法(がん登録) 1年間 Guaiac(シオノギB) 13 76.9% 79.9% 20.2%          
2年間 Guaiac(シオノギB) 15 80.0% 79.9% 20.2%
Hisamichi 1991 32 進行がん 同時法(化学法・免疫法)   1日法   70.2% 62.5%   1日法   73.3% 97.6%  
2日法   81.1% 54.8%   2日法   85.6% 96.6%  
早期がん(sm) 同時法(化学法・免疫法)   1日法   46.8% 62.5%   1日法   41.4% 97.6%  
2日法   57.9% 54.8%   2日法   61.3% 96.6%  
Iwase 1992 33 がん 同時法(S状結腸鏡)   Hemoccult II
1日法
18 11.4%     RPHA 1日法 18 61.1%   3.0%
Hemoccult II
2日法
18 38.9%     RPHA 2日法 18 77.8%   5.0%
Hemoccult II
3日法
18 44.4%   7.2% RPHA 3日法 18 88.9%   6.8%
村上 1992 51 がん 追跡法(がん登録) 1年間           RPHA(多種) 14 92.9% 95.8% 8.7%
村上 1993 34 がん 追跡法(がん登録) 2年間 Guaiac(シオノギA) 10 62.5% 86.3% 13.8%          
Guaiac(シオノギB) 7 43.8% 94.1% 5.9%
藤田 1995 52 がん               2日法 24 86.2% 97.1% 3.2%
3日法 25 75.0% 97.6% 2.6%
Nakama 1999 53 がん 同時法(全大腸内視鏡)             Monohaem 1日法 18 55.6% 97.1% 2.9%
Monohaem 2日法 18 83.3% 96.0% 4.0%
Monohaem 3日法 18 88.9% 93.9% 6.1%
松田 1998 54 がん 追跡法(がん登録) 1年間           1日法 209 63.6% - -
Bang 1986 35 がん 同時法(S状結腸鏡)   Hemoccult 12 25.0% 97.6% 2.5%          
Walter 1991 36 がん・腺腫 同時法(化学法・免疫法)   Hemoccult(加水) 19 78.9% 93.8% 11.7% RID 19 87.0% 95.8% 12.0%
Hemoccult(加水なし) 19 57.9% 96.6% 6.4%          
Thomas 1992 37   追跡法 2年間 Hemoccult 111 67.6% - 1.7%          
Rozen 1995 38 がん・腺腫(1cm<) 同時法(全大腸内視鏡)   Hemoccult II Sensa 25 35.0% 84% 12.1% BM-Test Colon Albumin 25 30.0% 90.0% 6.6%
Robinson 1995 39 がん 同時法(全大腸内視鏡)   Hemoccult 3 33.3% 98.0% 3.8% Hemselect 10 70.0% 88.0% 20.3%
Allison 1996 40 がん 追跡法 2年間 Hemoccult II Sensa 34 79.4% 86.7% 12.6% Hemselect 32 68.8% 94.4% 5.9%
2年間 Hemoccult II 35 37.1% 97.7% 2.5%          
Launoy 1997 41 がん 追跡法 2年間 Hemoccult 3日法   64.0%   2.8%          
3年間     58.0%   2.8%          
Tazi 1999 42 がん 追跡法 2年間 Hemoccult II 345 48.7%   -          
Zappa 2001 43 がん 追跡法 2年間 Hemoccult II 93.2(推計)* 50.0%     Hemselect 51.2(推計)* 82.0%    
*proportional incidence methodによる推計値

 

書誌情報