ガイドライン

有効性評価に基づく大腸がん検診ガイドライン
平成16年度 厚生労働省がん研究助成金
「がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究」班

書誌情報
要旨


証拠のレベル

1) 便潜血検査(化学法・免疫法)には死亡率減少効果を示す直接的証拠を認めた。
2) S状結腸鏡検査には死亡率減少効果を示す直接的証拠を、S状結腸鏡検査と便潜血検査化学法の併用法、全大腸内視鏡検査及び注腸X線検査には複数の間接的証拠を認めた。
   これらの方法はAnalytic Frameworkを用いた評価から死亡率減少効果を示唆された。ただし、これらの検査に伴う不利益が無視できないと判断された。
3) 直腸指診は、死亡率減少効果を示す証拠が認められなかった。

 

書誌情報