ガイドライン

有効性評価に基づく大腸がん検診ガイドライン
平成16年度 厚生労働省がん研究助成金
「がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究」班

書誌情報
要旨


背景

わが国における、大腸がんの罹患数は94,500人(1999年推定値)、死亡数は38,900人(2003年概数)であり、それぞれ、2番目、3番目に多いがんである。現在、市区町村による老人保健事業では、主として便潜血検査を用いた大腸がん検診が行われているが、職域、人間ドックなどでは、内視鏡検査を含め、多様な検診が行われている。

 

書誌情報