ガイドライン

EBMの手法による
周産期ドメスティック・バイオレンスの支援ガイドライン

書誌情報
 
この周産期DV支援ガイドラインを効果的に使用するために
1. まず、第5章の「DV支援のフローチャート」を見てください。このガイドラインで示す支援の流れと範囲を知るために、女性が医療機関に来院するところから、どのように支援を考えていくかを流れに沿って書いてありますので、全体像がつかめます。
2. つぎに、第6章をごらんください。第6章では、28のクリニカル・クエッションに対する回答の形で、このガイドラインで推奨している支援の一覧を見ることができます。
3. さらに、 第7章では、28のクリニカル・クエッションと回答(推奨)ごとに、それぞれについての解説、エビデンステーブルが示されています。解説の中で引用した論文のうち、PubMedに掲載されている論文ではPubMedへの直接リンクが付いていますので、アブストラクトをすぐに見ることができます。実際の論文もぜひ参照してください。


 

書誌情報