ガイドライン

EBMの手法による
周産期ドメスティック・バイオレンスの支援ガイドライン

書誌情報
 
資料


資料9 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律


第二章 配偶者暴力相談支援センター等
 
(配偶者暴力相談支援センター)
第三条 都道府県は,当該都道府県が設置する婦人相談所その他の適切な施設において,当該各施設が配偶者暴力相談支援センターとしての機能を果たすようにするものとする。
2 市町村(特別区を含む。以下同じ。)は,当該市町村が設置する適切な施設において,当該各施設が配偶者暴力相談支援センターとしての機能を果たすようにすることができる。
3 配偶者暴力相談支援センターは,配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護のため,次に掲げる業務を行うものとする。
 一   被害者に関する各般の問題について,相談に応ずること又は婦人相談員若しくは相談を行う機関を紹介すること。
 二   被害者の心身の健康を回復させるため,医学的又は心理学的な指導その他の必要な指導を行うこと。
 三   被害者(被害者がその家族を同伴する場合にあっては,被害者及びその同伴する家族。次号,第六号,第五条及び第八条の三において同じ。)の一時保護を行うこと。
 四   被害者が自立して生活することを促進するため,就業の促進,住宅の確保,援護等に関する制度の利用等について,情報の提供,助言,関係機関との連絡調整その他の援助を行うこと。
 五   第四章に定める保護命令の制度の利用について,情報の提供,助言,関係機関への連絡その他の援助を行うこと。
 六   被害者を居住させ保護する施設の利用について,情報の提供,助言,関係機関との連絡調整その他の援助を行うこと。
4 前項第三号の一時保護は,婦人相談所が,自ら行い,又は厚生労働大臣が定める基準を満たす者に委託して行うものとする。
5 配偶者暴力相談支援センターは,その業務を行うに当たっては,必要に応じ,配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護を図るための活動を行う民間の団体との連携に努めるものとする。
 
(婦人相談員による相談等)
第四条 婦人相談員は,被害者の相談に応じ,必要な指導を行うことができる。
 
(婦人保護施設における保護)
第五条 都道府県は,婦人保護施設において被害者の保護を行うことができる。
 

書誌情報