ガイドライン

EBMの手法による
周産期ドメスティック・バイオレンスの支援ガイドライン

書誌情報
 
資料


資料2 用語解説

用語 内容
ランダム化比較試験
RCT:Randomised Controlled Trial
治療やケアの効果があるかないかを確認するために,対象を介入群と対照群にランダムに割付けて,2群のアウトカムを比較する。仮説検証のための研究。ランダム割付けにより,介入の有無以外の条件が(未知のものも含めて)2群間で等しくなる可能性が最も高くなり,したがって2群の比較可能性が保証される。
コホート研究
Cohort Study
ある対象群(コホート)の中で,ある因子への曝露の有無を同定して,曝露のある群とない群をそれぞれ追跡し,あるアウトカム発生の有無をみるもの。曝露の有無の確認の正確性をコントロールできるが,結果への交絡因子の影響がでやすい。原因となる曝露と結果としてのイベント発生の時間的順序が明らかであるので,症例対照研究よりは因果関係の証明力は強い。
開始(発端)コホート研究
Inception Cohort Study
初期症状の患者集団やスクリーニング・テストで陽性と出た人の集団など,疾患の初期段階にある対象集団を追跡して予後をみるコホート研究
症例対照研究
Case-control Study
あるアウトカムを持つ群と持たない群において,そのアウトカムの原因と推定される因子への過去の曝露状況を調べて比較する研究。調査時点では原因への曝露も結果としてのアウトカムも既に起こっているので,どちらが先か確定できない。また,因子への曝露状況の確認を過去の記録によるため,不正確になり得るなどの欠点がある。
症例集積
Case Series
ある介入を行った対象,またはあるアウトカムを発生した対象について,複数症例をまとめて報告するもの。仮説設定のきっかけとなり得る場合もある。
アウトカム研究
Outcomes Research
ある疾患の患者の1群を対象として,対象が受けた治療やケアによる臨床的アウトカムを観察する研究である。RCTのように研究結果から臨床現場での効果を直接分析することはできないが,RCTの結果から予測される治療効果が,複雑な臨床現場でどのように示されるかという情報を提供するもの
監査
Audit
結果の一般化を前提として行う研究(research)と異なり,ある特定の時間と場所においてそこから得られる対象データの記述的情報を提供するもの
生態学的研究
Ecological Studies
ある集団において,特定の曝露と結果についてそれぞれ縦断的追跡を行い,両者の因果関係の可能性を調査するもの
システマティック・レビュー
Systematic Review
あるテーマについて,過去の研究をシステマティックに,網羅的に収集し,それぞれを批判的に吟味し,研究結果を統合するもの。統計学的手法としては,収集した研究の均質性を評価したうえで可能な場合はメタアナリシスを行う。RCTのシステマティック・レビュー(メタアナリシス)が主であるが,観察研究のシステマティック・レビュー(メタアナリシス)もある。
原理
First Principles
病態生理学理論に基づいて臨床実践をすることである。例えば大動脈解離の患者では血圧管理をするが,これは血圧を下げて心拍出量を減少させれば大動脈解離進展のリスクが低下するであろうという病態生理学理論に基づいている。病態生理学理論が誤った結果を導くこともあるという1例は,CAST研究で示された。心筋梗塞後に不整脈が起こることはよくあり,そのせいで死亡することも多い。病態生理学理論では,抗不整脈薬の予防投与により不整脈発生を減少させると死亡率も低下するに違いないと予想された。そこでCAST研究では心筋梗塞後の不整脈患者をフレカイニドまたはエンカイニド投与群とプラセボ投与群に無作為に割付けたところ,抗不整脈薬治療群のほうが死亡率が高かったのである。
多元感度分析
Multi-way Sensitivity Analysis
(感度分析を複数種類において行うもの?)
基礎実験
Bench Research
動物実験や生理学の実験など,実験台(Bench)で行われるような基礎研究
オッズ
Odds
コホート研究の場合には,曝露群または非曝露群それぞれの1群の中で,あるイベントが起きる確率と起きない確率の比をいう。また,症例対照研究の場合には,症例群または対照群それぞれの1群において,曝露ありの割合と曝露なしの割合の比のことである。
オッズ比
OR:Odds Ratio
コホート研究では,曝露群でのイベント発生のオッズと非曝露群でのイベント発生のオッズの,比のことであり,症例対照研究では,症例群での曝露のオッズと対照群での曝露のオッズの,比のことを指す。
リスク比
RR:Relative Risk/Risk Ratio
コホート研究や介入研究において,曝露群(または介入群)でのイベント発生割合と,非曝露群(または非介入群)でのイベント発生割合,の比である。
95%信頼区間
Confidence Interval
得られた研究結果から,真の値が95%の確率で入っている区間として推定する場合の,その区間を示す値である。


書誌情報