ガイドライン

EBMの手法による
周産期ドメスティック・バイオレンスの支援ガイドライン

書誌情報
 
第1章 緒言


IV 本ガイドラインの対象集団

本ガイドラインは,DVにあっている女性,あっていた女性,さらに被害との認識がなく潜在化している被害女性に対する,医療における支援およびケアを扱っており,なかでも現在妊娠,出産,育児期といった周産期の女性を対象とする。本ガイドラインでは,医療機関における妊娠・出産・育児期にあるDV被害女性の発見から,女性に適切なリソースを提供するまでのケアが示され,被害女性への治療的カウンセリングなどの介入は含まれていない。

 

書誌情報