ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第XIV章 急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドラインのフィードバックの経過


4. 第41回日本腹部救急医学会総会(2005.3.10〜11,名古屋市)
10)年齢と手術時期,術式
併存疾患のない40歳台の女性の有石急性胆嚢炎に対しては,「数日以内の手術」を約半数が選択し,「ドレナージ後の待機的根治手術」,「24時間以内の緊急手術」の順であった(表3-1)。
80歳台の女性では,同じ疾患でも,「ドレナージ後の待機的根治手術」を56%の医師が選択し,「数日以内の手術」,「24時間以内の緊急手術」が少なくなっていた。
一方,胆嚢周囲膿瘍を合併した同様の状態で,40歳台の女性に場合には,半数以上が「24時間以内の緊急手術」を選択し,「ドレナージ後の手術」を選択する場合もあったが,緊急処置を要すると考え,「数日以内の手術」を選択する場合は少なかった(表3-2)。
80歳台の場合には,逆に「ドレナージ後の手術」を選択する場合が過半数を占め,「24時間以内の緊急手術」を選択する場合は37%であった。
また,40歳台の胆嚢周囲膿瘍を合併した有石急性胆嚢炎での手術に際し,「開腹手術」を選択する場合が46%を占めたが,このような状況でも「腹腔鏡下手術」を選択する場合も36%あった(表3-3)。

表3-1 併存疾患のない有石急性胆嚢炎での治療
  40歳台 80歳台
 24時間以内の緊急手術  28(21%)   17(13%) 
 数日以内の手術 65(48%) 28(22%)
 ドレナージ後,手術 38(28%) 72(56%)
 ドレナージ後,手術は行わない   0(0%) 9(7%)
 その他 4(3%) 3(2%)


表3-2 胆嚢周囲膿瘍を合併した有石急性胆嚢炎での治療
  40歳台 80歳台
 24時間以内の緊急手術  72(54%)   52(37%) 
 数日以内の手術 17(13%) 1(1%)
 ドレナージ後,手術 43(32%) 78(56%)
 ドレナージ後,手術は行わない   0(0%) 7(5%)
 その他 2(1%) 1(1%)


表3-3 40歳台で既存併存疾患のない,胆嚢周囲膿瘍を合併した有石急性胆嚢炎での手術
    腹腔鏡下手術  45(36%)          
    いずれも定めない             23(18%)     
    開腹手術 58(46%)     


 

書誌情報