ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第XIV章 急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドラインのフィードバックの経過


4. 第41回日本腹部救急医学会総会(2005.3.10〜11,名古屋市)
9)併存疾患のない有石急性胆嚢炎での手術
24時間以内の緊急手術を行うは16%であったが,数日以内の手術と一旦ドレナージを行ってから待機的に根治手術を行うが各々約40%であった(図6)。
その際に行う手術としては,「原則として腹腔鏡下胆嚢摘出術」が60%で,「いずれかは特に定めていない」を合わせると,「腹腔鏡下胆嚢摘出術」を選択するものが76%であった(図7)。 しかし,「原則として開腹手術」とするものも21%あった。
緊急腹腔鏡下胆嚢摘出術を選択しない理由としては,「時間外で人員が確保できない」,「緊急で腹腔鏡下手術を行う技術に不安」が各々60%を越えていた。 また,時間を要する点も約半数が挙げていた(表2)。


図6 併存疾患のない有石急性胆嚢炎での治療(N=106)
 


図7 併存疾患のない有石急性胆嚢炎での緊急手術(N=108)
 


表2 併存疾患のない有石急性胆嚢炎での緊急腹腔鏡下手術を行わない(Yes)とその理由
  Yes(%) No(%)
 時間を要する  25(49%)   26(51%) 
 時間外で人員が確保できない 35(64%) 20(36%)
 緊急で腹腔鏡下手術を行う技術に不安   34(62%) 21(38%)
 その他 20(48%) 22(52%)


 

書誌情報