ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第XIII章 特殊な胆道炎


引用文献
5. 膵胆道悪性腫瘍に伴う急性胆道炎
1) 二村雄次.胆管癌の進展度診断.消画像 1999 ; 1 : 157-60.(治療レベル5)
2) 清水宏明,伊藤 博,木村文夫,外川 明,大塚将之,吉留博之,他.肝門部胆管癌の進展度診断-直接胆道造影.消画像 2004 ; 6 : 373-9.(治療レベル4)2. 清水宏明,伊藤 博,木村文夫,外川 明,大塚将之,吉留博之,他.肝門部胆管癌の進展度診断-直接胆道造影.消画像 2004 ; 6 : 373-9.(治療レベル4)
3) 天野穂高,高田忠敬,安田秀喜,長島郁雄,吉田雅博,豊田真之,他.中・下部胆管癌,乳頭部癌の周術期管理 ; 術前減黄を中心に.消外 2002 ; 25 ; 1819-22.(治療レベル4)
4) 大谷泰雄,飛田浩輔,堂脇昌一,石過孝文,杉尾芳紀,柏木宏之,他.ENBDを用いた緊急胆道ドレナージ.臨外 2001 ; 56 : 1051-4.(治療レベル4)
5) Sohn TA, Yeo CJ, Cameron JL, Pitt HA, Lillemoe KD. Do preoperative biliary stents increase postpancreaticoduodenectomy complications ? J Gastrointest Surg 2000 ; 4 : 258-67.(病因レベル4)
6) ten Hoopen-Neumann H, Gerhards MF, van Gulik TM, Bosma A, Verbeek PC, Gouma DJ. Occurrence of implantation metastases after resection of Klatskin tumors. Dig Surg 1999 ; 16 : 209-13.(病因治療レベル4)
7) Sano T, Nimura Y, Hayakawa N, Kamiya J, Kondo S, Nagino M, et al. Partial hepatectomy for metastatic seeding complicating pancreatoduodenectomy. Hepatogastroenterology. 1987 ; 44 : 263-7.(治療レベル4)
8) 赤木由紀夫,広川 裕,伊藤正樹,柏戸宏造,伊藤勝陽.胆管癌のPTBD瘻孔部に対する予防的腔内照射の意義.Intervent Radiol 1996 ; 11 : 54-6.(治療レベル4)
9) Hoopen-Neumann H, van Gulik TM, de Wit LT, Gouma DJ. Prevention of implantation metastases after resection of proximal bileduct tumours with pre-operative low dose radiation therapy. Eur J Surg Oncol 2000 ; 26 : 480-5.(治療レベル4)
10) 佐藤 孜,清水武昭,内田克之.急性胆嚢炎を合併した胆嚢癌の臨床的検討.日腹部救急医会誌 1993 ; 13 : 861-6.(治療レベル4)
11) 近藤真治,蜂須賀喜多男,山口晃弘,磯谷正敏,久世真悟,真弓俊彦,他.急性胆嚢炎で発症した胆嚢癌,腹部救急診療の進歩 1990 ; 10 : 47-51.(治療レベル4)
12) 岡田孝弘,小森山広幸,井原 朗,赤石 治,千田俊哉,横瀬裕義,他.急性胆嚢炎所見を呈した胆嚢癌症例の検討.腹部救急診療の進歩 1991 ; 11 : 877-82.(治療レベル4)
13) 宇野武治,内村正幸,脇 慎治,木田栄郎,神田和弘,水町信行,他.急性胆嚢炎を併発した胆嚢癌の検討.日消外会誌 1983 ; 16 : 2013-7.(治療レベル4)
14) 木村克巳,藤田直孝,野田 裕,小林 剛,渡邊浩光,望月福治,他.急性胆嚢炎を伴った胆嚢癌に関する検討.日消病会誌 1993 ; 90 : 1489-96.(治療レベル4)
15) 窪田公一,熊沢健一,大石俊典,細川俊彦,浅海良昭,塩沢俊一,他.急性胆嚢炎を合併した胆嚢癌症例の検討.日臨外会誌 1995 ; 56 : 1662-6.(治療レベル4)
16) 内村正幸,脇 慎治,木田栄郎,神田和弘,西脇由朗,池松禎人,他.胆嚢結石として切除された胆嚢癌の治療方針.消外1999 ; 22 : 47-53.(治療レベル4)
17) 中沢三郎,乾 和郎,内藤靖夫,木本英三,山雄健次,森田敬一,他.〔胆道疾患の超音波検査〕超音波誘導下胆嚢穿刺法と応用.胆と膵 1986 ; 7 : 1271-9.(鑑別診断レベル4)
18) 土屋幸治,大藤正雄,仲野敏彦,常富重幸,品川 孝,木村邦夫,他.胆嚢癌における胆嚢穿刺 診断の意義 ; 細胞診およびX線造影について.腹部画像診断 1982 ; 2 : 49-58.(鑑別診断レベル4)
19) 内村正幸,脇 慎治,木田栄郎,神田和弘,水町信行,山田 護,他.経皮経肝的胆嚢ドレナージ.胆と膵 1983 ; 4 : 19-26.(鑑別診断レベル4)
20) 近藤 哲,二村雄次,早川直和,神谷順一,梛野正人,宮地正彦,他.胆嚢癌術後のサーベイランス.外科 1994 ; 56 : 1153-7.(病因レベル4)

 

書誌情報