ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第IX章 急性胆管炎 -診断基準と重症度判定-


7. 重症度判定基準と搬送基準
2)予後規定因子
急性胆嚢炎では致死例が少ないため「重症」の定義が困難である。ここでは,「壊死性胆嚢炎における頻度が有意に高い因子」,および「重症胆管炎,胆汁性腹膜炎,胆道感染,合併例における頻度が有意に高い因子」を「予後規定因子」とする(表11)。

表11 急性胆嚢炎における予後規定因子の集計
因子 報告数 基準 文献
・臓器不全 尿素窒素 1  > 40mg/dL 18
・炎症反応・感染 白血球数 2  > 14,100/mm3 14,15
  体温 1  > 37.3℃ 18
  CRP 1  > 10mg/dL 12
  血清鉄 1  < 38μg/dL 17
・ビリルビン高値 1  > 5mg/dL 14
・画像所見      
 1)胆嚢壁の高度炎症性変化      
  胆嚢周囲液体貯留像 3   40,41,50
  放射状のpericholecystic high signal(MRI) 1   111
  胆嚢壁の不整像(CT) 1   50
  胆嚢壁の造影不良(CT) 1   50
  高度の胆嚢壁肥厚 1  > 7.8mm 50
 2)重篤な局所合併症      
  胆嚢周囲膿瘍 1   40
  肝膿瘍 1   40
  胆管拡張 1   40
 3)その他      
  高度の胆嚢腫大(short-axis dimension) 1  > 5cm 50
・その他      
  年齢 2  > 50〜 > 65 12,15
  APACHE-II 1  > 10 112
  男性 1   15
  cardiovascular diseaseの既往 1   15
  糖尿病 1   15


 

書誌情報