ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第IX章 急性胆管炎 -診断基準と重症度判定-


4. 画像診断
2)CT(computed tomography)
Q76. 急性胆嚢炎の重症度判定においてはどのようなCT所見に着目すべきか?

CT所見として,胆嚢内腔あるいは壁内のガス像,胆嚢内腔の膜様構造,胆嚢壁の造影不良,胆嚢周囲膿瘍,などを着目すべきである。(推奨度A)

重症に分類される急性壊疽性胆嚢炎の特異的CT所見は,胆嚢内腔あるいは壁内のガス,内腔の膜様構造(intraluminal flap,intraluminal membrane),胆嚢壁の造影不良(interrupted rim sign),胆嚢周囲膿瘍,などである(表7)(レベル4)50)

表7 壊疽性胆嚢炎における各CT所見の診断能(文献50)より引用)
CT所見 Sensitivity  Specificity 
 Gas in wall or lumen 7.6% 100% 
 Intraluminal membrane 9.8% 99.5% 
 Irregular or absent wall 28.3% 97.6% 
 Pericholecystic abscess 15.2% 96.6% 
 Mural striation 37.0% 89.9% 
 Adjacent hepatic enhancement 27.2% 89.3% 
 Pericholecystic fluid 53.3% 87.0% 
 Gallstones 47.8% 83.2% 
 Pericholecystic inflammation 78.3% 72.1% 
 Distention 88.0% 59.1% 
 Wall thickening 88.0% 57.7% 


写真8 胆嚢炎のCT像
a. 胆嚢壁肥厚,造影不良,
b. 胆嚢周囲膿瘍(矢印)
GB:胆嚢  


 

書誌情報