ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第IX章 急性胆管炎 -診断基準と重症度判定-


4. 画像診断
2)CT(computed tomography)
Q74. 急性胆嚢炎の診療においてどのような場合にCTを撮影するべきか?

急性胆嚢炎が疑われるが,臨床所見,血液検査,超音波検査によって急性胆嚢炎の確定診断が困難な場合,あるいは局所合併症が疑われる場合には,CTを施行すべきである。 (推奨度B)

初診時のX線CT検査は,体外式超音波に比べ診断能は劣り,必ずしも全例でルーティーンに施行する必要は無い(表6)(レベル3b)45)。 しかしながら穿孔や膿瘍などの合併症の診断には有用である(レベル3b)46,47)。 超音波検査では胆嚢壁の断裂をとらえることは困難で,胆嚢壁の局所的突出を穿孔の所見とした場合,その正診率は39%にすぎないが,CTでは胆嚢壁の断裂所見を69%に描出可能である(レベル4)48)

表6 超音波とCTの急性胆嚢炎における診断能の比較(文献45)より引用)
  sensitivity specificity   positive
 predictive
 value
 negative
 predictive
 value
 LR+  LR- 
 CT 39% 93% 50% 89% 5.57 0.656
 超音波検査 83% 95% 75% 97% 16.6 0.179
LR: likelihood ratio


 

書誌情報