ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第IX章 急性胆管炎 -診断基準と重症度判定-


3. 血液検査
Q67. 急性胆嚢炎の診断に必要な血液検査は?

急性胆嚢炎の診断には,特異的な血液検査所見はないが,臨床徴候,画像検査所見に加えて,白血球数とCRPをチェックする必要がある。(推奨度A)

通常,白血球数1万/mm3以上の増加,CRP3mg/dL以上の上昇と,肝・胆道系酵素とビリルビンの血中濃度の軽度上昇を伴う。 超音波検査で急性胆嚢炎を示唆する所見があり,CRPが3mg/dl以上であれば,97%の感度,76%の特異度,95%のpositive predictive valueで急性胆嚢炎の診断が可能である(レベル1b)12)。 急性胆石性胆嚢炎と急性無石胆嚢炎との間に,臨床徴候や血液検査所見上,大きな差はない。全く血液検査で異常を伴わないこともある(13%)(レベル4)13)。 急性胆嚢炎における各種血液検査の陽性率は表4に示す。

表4 各種血液検査の急性胆嚢炎における陽性率
項目  陽性率   症例数  報告者
白血球数↑ 59% 168   Parker LJ13)
  69% 154   Gruber PJ16)
  59% 108   Juvonen T12)
  82% 22   Shapiro MJ18)
  90% 10   Hill AG22)
白血球数 > 20,000/mm3 45% 22   Shapiro MJ18)
  50% 10   Hill AG22)
CRP↑ 78% 108   Juvonen T12)
血沈亢進 60% 108   Juvonen T12)
総ビリルビン↑ 41% 156   Raine PAM23)
  33% 81   Norrby S24)
  45% 49   Lindenauer SM25)
  77% 22   Shapiro MJ18)
  75% 8   Hill AG22)
ALP↑ 26% 156   Raine PAM23)
  20% 49   Norrby S24)
  23% 44   Lindenauer SM25)
  64% 22   Shapiro MJ18)
AST↑ 40% 30   Lindenauer SM25)
  64% 22   Shapiro MJ18)
ALT↑ 12% 156   Raine PAM23)
  26% 63   Norrby S24)
  26% 19   Shapiro MJ18)
LDH↑ 86% 22   Shapiro MJ18)
プロトロンビン時間延長 15% 156   Raine PAM23)
  55% 42   Lindenauer SM25)
アルブミン↓ 33% 21   Lindenauer SM25)
アミラーゼ↑ 29% 17   Shapiro MJ18)
  13% 16   Lindenauer SM25)
尿素窒素↑ 55% 22   Shapiro MJ18)
クレアチニン↑ 50% 22   Shapiro MJ18)
CA19-9 0% 11   Albert MB21)
エンドトキシン 36% 11   Kanazawa A26)


 

書誌情報