ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第IX章 急性胆管炎 -診断基準と重症度判定-


2. 臨床徴候
Q64. 急性胆嚢炎の症状は?

急性胆嚢炎の典型的な症状は,上腹部痛(右季肋部痛,心窩部痛),悪心・嘔吐,発熱である。

急性胆嚢炎の最も典型的な症状は右季肋部痛であり(38〜93%),右季肋部痛と心窩部痛を合わせると72〜93%である。 次いで悪心・嘔吐が多く(約70%),発熱は62%にみられる。 38℃を超える高熱は3割程度であり,高熱の頻度は高くはない(表1,2)。

表1 急性胆嚢炎の臨床徴候
報告者 症例数 右季助部痛(%) 心窩部痛(%) 悪心(%) 嘔吐(%) 発熱(%) 反跳痛(%) 筋性防御(%) 硬直(%) 腫瘤触知(%) Murphy sign(%) 
 Eskelinen1)
(1993)
124 56 25 31 60 62
(≧37.1℃)
48 30 66 16 62
 Brewer2)
(1976)
26       77 30
(≧38℃)
35 58 3.9    
 Schofield3)
(1986)
64       83 31
(≧37.5℃)
      14  
 Staniland4)
(1972)
100 38 34 80 70   30 45 10 25  
 Halasz5)
(1975)
191 93               23  
 Johnson6)
(1995)
37 70 11 73 62 24         62
 Singer7)
(1996)
40         10
(≧38.0℃)
        65
 Adedeji8)
(1996)
62                   48



表2 臨床徴候による急性胆嚢炎の診断能(文献9)より引用)
  No.of Studies No.of Patients   Summary LR(95%CI)   Sansitivity(95%CI) Specificity(95%CI)
Positive Negative
 食欲不振 2 1,135   1.1〜1.7 0.5〜0.9 0.65(0.57〜0.73) 0.50(0.49〜0.51)
 嘔吐 4 1,338   1.5(1.1〜2.1) 0.6(0.3〜0.9) 0.71(0.65〜0.76) 0.53(0.52〜0.55)
 発熱 8 1,292   1.5(1.0〜2.3) 0.9(0.8〜1.0) 0.35(0.31〜0.38) 0.80(0.78〜0.82)
 筋性防御 2 1,170   1.1〜2.8 0.5〜1.0 0.45(0.37〜0.54) 0.70(0.69〜0.71)
 Murphy sign 3 565   2.8(0.8〜8.6) 0.5(0.2〜1.0) 0.65(0.58〜0.71) 0.87(0.85〜0.89)
 嘔気 2 41,669   1.0〜1.2 0.6〜1.0 0.77(0.69〜0.83) 0.36(0.34〜0.38)
 反跳痛 4 1,381   1.0(0.6〜1.7) 1.0(0.9〜1.1) 0.30(0.23〜0.37) 0.68(0.67〜0.69)
 直腸圧痛 2 1,170   0.3〜0.7 1.0〜1.3 0.08(0.04〜0.14) 0.82(0.81〜0.83)
 硬直 2 1,140   0.50〜2.32 1.0〜1.2 0.11(0.06〜0.18) 0.87(0.86〜0.87)
 右季助部腫瘤触知 4 408   0.8(0.5〜1.2) 1.0(0.9〜1.1) 0.21(0.18〜0.23) 0.80(0.75〜0.85)
 右季助部痛 5 949   1.5(0.9〜2.5) 0.7(0.3〜1.6) 0.81(0.78〜0.85) 0.67(0.65〜0.69)
 右季助部圧痛 4 1,001   1.6(1.0〜2.5) 0.4(0.2〜1.1) 0.77(0.73〜0.81) 0.54(0.52〜0.56)
   LR:likelihood ratio,CI:confidence interval


 

書誌情報