ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第VIII章 急性胆管炎に対する各種ドレナージ手技


3. 内視鏡的胆道ドレナージ術の手技の実際
2)EST
(3)内視鏡的胆道ドレナージにおけるESTの意義
急性胆管炎においてEST付加を必要としない理由として,1)ドレナージにESTを付加してもその効果に差がない,2)EST付加により出血などの合併症がみられること,などが症例集積研究で指摘されている(表2)8,9)。 急性胆管炎はEST後出血のリスクファクターの一つであり6),coagulopathyを合併する重症例ではEST付加を避けるべきである。 一方,ESTの利点は,1)総胆管結石症(重症胆管炎を合併していない例)においてはドレナージだけでなく一期的切石が可能であること,2)選択的カニュレーションが困難な例でもprecuttingにより胆管へのドレナージルートを確保することが可能になることである。
急性胆管炎に対する内視鏡的ドレナージではESTを必ずしも必要としない。 しかし,乳頭部嵌頓結石ではprecuttingがドレナージ遂行に必須となることがあるなどESTを付加すべき状況は患者の状態,術者の熟練度により異なる。 そこで,本ガイドラインではESTの付加について以下のように注意を促すものとした。

表2 内視鏡的ドレナージにおけるESTの必要性について
報告者 方法 症例数 成功率 有効率  合併症 
 (報告年)          
 Sugiyama8)  without EST  93  96%  94%  2%
 (1998)  with EST  73  95%  92%  11%
 Hui 9)  without EST  37  86%  100%  3%
 (2003)  with EST  37  89%  100%  11%

 

書誌情報