ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第VI章 急性胆管炎 -基本的治療-


2. 細菌学的検索と抗菌薬
Q 54. 抗菌薬治療についての臨床試験の結果は?

胆管炎に対する抗菌薬治療についての無作為化比較対照試験(RCT)の結果を表4にまとめた(レベル2b)34,35,36,37,38,57)。 1980年代に欧米で胆管炎に対する標準的治療として確立されたABPC+GM(レベル4〜5)58,59) と比較して,新たに開発された抗菌薬が同等の効果を有しており有用性が高い,という結果を導いているものが多い。
なお,これらのエビデンスを現在の日本の臨床医療の参考にする場合,以下の点を十分に考慮する。
(1)胆管炎の抗菌薬治療は個体や施設,国,時代により起炎菌・感受性の状況が異なること,(2)現在本邦で多用されている第三,四世代セフェムについてのRCTは乏しいこと,(3)新しい抗菌薬が次々と開発されるため,過去のRCTのエビデンスとの十分な比較や取捨選択が必要となる。
表4 胆管炎における抗菌薬の臨床比較試験
報告者(年) 疾患名 投与抗菌薬 臨床的治癒 有意差 
 Muller(1987)35)  胆管炎  ABPC+TOB  85%(17/20)  
   PIPC  60%(9/15) ns
   CPZ  56%(10/18) p<0.05
 Gerecht(1989)34)  胆管炎  Mezocillin  83%(20/24) p<0.01
     ABPC+GM  41%(9/22)  
 Thompson(1990)36)  胆管炎  PIPC  70% ns
     ABPC+TOB  69%  
 Chacon(1990)57)  胆嚢炎+胆管炎  pefloxacin  98%(49/50)  ns
     ABPC+GM  95.7%(45/47)  
 Thompson(1993)37)  胆嚢炎+胆管炎  CPM  97.5%(78/80)  ns
     Mezlocillin+GM  100%(40/40)  
 Sung(1995)38)  胆管炎  CPFX  85%(39/46)  ns
     CAZ+ABPC+MN  77%(34/44)  

 

書誌情報