ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第VI章 急性胆管炎 -基本的治療-


2. 細菌学的検索と抗菌薬
Q46. 急性胆管炎における細菌培養陽性率は?

一般に健常人の胆汁は無菌である。これを裏付ける報告としては,非胆道系疾患患者の胆汁を術中に採取し培養した検討から,健常人と同じく培養陰性である(レベル2b〜3b)15,16,17,18,19)。総胆管結石ではその陽性率が58〜76%に上昇し(レベル2b〜3b)7,15,16,17,19,20),さらに総胆管結石に急性胆管炎を併発した際は,その陽性率はほぼ100%に近くなる(レベル2b〜4)7,16,20,21)

表1 各種胆道疾患における細菌培養陽性率(%)
報告者 胆汁 非胆道系疾患 胆石症 急性胆嚢炎 総胆管結石 肝内結石
(+胆管炎) (+胆管炎)
 Chang(2002)20) 胆嚢・胆管   17.0 47.0 63.0 70.0
 Csendes(1996)15,16) 胆嚢 0 22.2 46.1    
  胆管   23.9 29.0 58.2 93.9
 Csendes(1994)17) 胆嚢 0 32.0 41.0 58.0  
 Maluenda(1989)7) 胆管       76.0 89.0
  胆嚢 0   43.0  
 Csendes(1975)18)       (慢性;30)    
  (胆嚢壁)     47.0    
      (慢性;33)    
 Kune(1974)19) 胆嚢・胆管 0 13.0 54.0 59.0  


 

書誌情報