ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第V章 急性胆管炎 -診断基準と重症度判定-


3. 血液検査
Q28. 重症急性胆管炎の診断に必要な血液検査は?

重症急性胆管炎の診断には,急性胆管炎の診断に必要な上記血液検査に加えて,アルブミン,クレアチニン,尿素窒素,末梢血血小板数,の測定が必要である。(推奨度A)

一般血液検査
急性胆管炎では,炎症反応の増強(白血球増多,CRP高値),高ビリルビン血症,胆道系酵素であるALP,γ-GTP,LAP値の上昇がみられる。 また,肝障害をきたすと肝酵素であるトランスアミナーゼ(AST,ALT)値の上昇がみられる。 白血球増多は82%に認められるが,1/4の症例では,白血球数は10,000/mm3 以下で核の左方推移のみを呈することがある(レベル4)6)。良性疾患と悪性疾患の間で白血球数の差は認められないが,重症胆管炎の場合は,白血球数が減少することがある。多くの場合,中程度の高ビリルビン血症(直接型優位)を呈する。肝・胆道系酵素の血中濃度はしばしば上昇し,すべてが正常値であるのはまれである。 プロトロンビン時間も19%程度延長することがある(レベル4)6)
重症の急性胆管炎では,腎不全(尿素窒素やクレアチニンの上昇,カリウムの上昇),DIC(血小板数の低下,FDPの上昇),血液ガス分析によるPaO2やbase excessの低下,高度の白血球数上昇などをきたす(レベル4)21,22)。 しかし,前述のように白血球数が減少する場合もある。 一方,腎不全の合併19),ビリルビンの高度上昇19,23),血小板数の減少24),アルブミン低値,プロトロンビン時間延長25),およびアシドーシス8) などは,胆管炎の予後不良を意味する(レベル4〜5)5)
急性胆管炎における各種血液検査の陽性率についての報告をまとめて表4に示す。

表4 各種血液検査の急性胆管炎における陽性率
項 目 陽性率 症例数   報告者 備 考
白血球数 > 10,000/mm3 79% 449   Gigot JF5)  
  63% 78   Saharia PC33)  
  82% 71   Boey JH6)  
白血球数 > 12,000/mm3 31% 512   Csendes A3) 有結石症例
好中球核の左方推移 36% 512   Csendes A3) 有結石症例
リンパ球 < 1,000/mm3 40% 512   Csendes A3) 有結石症例
Hb < 14g/dL 54% 512   Csendes A3) 有結石症例
総ビリルビン↑ 91% 78   Saharia PC33)  
総ビリルビン > 2mg/dl 65% 512   Csendes A3) 有結石症例
  78% 74   Boey JH6)  
総ビリルビン > 4mg/dl 68% 449   Gigot JF5)  
総ビリルビン > 5mg/dl 53% 78   Saharia PC33)  
ALP↑ 29% 512   Csendes A3) 有結石症例
  93% 449   Gigot JF5)  
  92% 72   Saharia PC33)  
ALP > 正常上限値の2倍 74% 74   Boey JH6)  
AST↑ 93% 45   Saharia PC33)  
ALT↑ 97% 35   Saharia PC33)  
AST or ALT↑ 72% 512   Csendes A3) 有結石症例
  57% 74   Boey JH6)  
プロトロンビン時間延長 44% 512   Csendes A3) 有結石症例
  26% 74   Boey JH6)  
アミラーゼ↑ 7% 74   Boey JH6)  
  35% 54   Saharia PC33)  
尿素窒素 > 7.5mmol/L 22% 512   Csendes A3) 有結石症例
クレアチニン≧1.5mg/dL 16% 125   Tai DI22)  
尿素窒素 > 80mg/dL or クレアチニン > 2mg/dL 29% 449   Gigot JF5)  
グルコース↑ 18% 512   Csendes A3) 有結石症例
CA19-9↑ 28% 25   Ker CG36)  
  100% 7   Albert MB37)  
エンドトキシン↑ 29% 55   平田43  
  36% 11   Kanazawa A39)  


 

書誌情報