ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン

書誌情報
 
第IV章 診療フローチャートと診療のポイント


4)急性胆管炎の診療のポイント
(1)初期治療,抗菌薬の選択については「第VI章/Q44.急性胆管炎の初期治療は何か?」参照のこと

(2)重症度判定はどのように行うのか?
急性胆管炎の重症度判定基準
(「第V章/Q24.急性胆管炎の重症度の定義と重症度判定基準は?」参照)
重症急性胆管炎
急性胆管炎の内,以下のいずれかを伴う場合は「重症」である。
 (1) ショック
(2) 菌血症
(3) 意識障害
(4) 急性腎不全
中等症急性胆管炎
急性胆管炎の内,以下のいずれかを伴う場合は「中等症」とする。
(1) 黄疸(ビリルビン > 2.0mg/dL)
(2) 低アルブミン血症(アルブミン < 3.0g/dL)
(3) 腎機能障害(クレアチニン > 1.5mg/dL,尿素窒素 > 20mg/dL)
(4) 血小板数減少*( < 12万/mm3
(5) 39℃ 以上の高熱
軽症急性胆管炎
急性胆管炎のうち,「重症」,「中等症」の基準を満たさないものを「軽症」とする
*肝硬変等の基礎疾患でも血小板減少をきたすことがあり注意する。
付記:重症例では急性呼吸不全の合併を考慮する必要がある。

(3)どのように治療をすすめるのか?
急性胆管炎の診療指針(「第VI章/Q43.急性胆管炎における基本的診療方針は?」参照)
急性胆管炎を疑った場合には診断基準を用いて診断し,さらに重症度判定を行い,重症度に応じた治療を行う。 頻回に再評価を行う。

急性胆管炎では,原則として,胆道ドレナージ術の施行を前提とした初期治療(全身状態の改善,感染治療)を行うが,その際,急変時に備え,呼吸循環のモニタリング下に,全身状態の管理を心がけることが大切である。
(1) 重症例(ショック,菌血症,意識障害,急性腎不全のいずれかを認める場合):適切な臓器サポート(十分な輸液,抗菌薬投与,DICに準じた治療など)や呼吸循環管理(気管挿管,人工呼吸管理,昇圧剤の使用など)とともに緊急に胆道ドレナージを行う。
(2) 中等症例:初期治療とともにすみやかに胆道ドレナージを行う。
(3) 軽症例:緊急胆道ドレナージを必要としないことが多い。 しかし,総胆管結石が存在する場合や初期治療(24時間以内)に反応しない場合には胆道ドレナージを行う。
注:「併存疾患がある場合」「急性膵炎が併存する場合」「原疾患が悪性疾患である場合」「高齢者」「小児」では,軽症,中等症であっても重症化しやすいため,慎重に対応する必要がある

(4)急性胆管炎の搬送基準は?
急性胆管炎の搬送基準
(「第V章/Q24.急性胆管炎の重症度の定義と重症度判定基準は?」参照)
胆道ドレナージおよび重症患者の管理ができない施設では,対応可能な施設にすみやかに搬送するべきである。
重 症 緊急ドレナージおよび重症患者管理ができない施設では対応可能な施設に緊急搬送する。
中等症 初期治療に反応しない場合,胆道ドレナージができない施設では対応可能な施設にすみやかに搬送/紹介する。
軽 症 総胆管結石が存在する場合や初期治療(24時間以内)に反応しない場合には中等症と同様に対応する。

(5)胆道ドレナージ法の選択については「第VII章/Q57.胆管ドレナージ法の選択は?」参照のこと

(6)一期的手術の適応は「第VII章/Q58.内視鏡的ドレナージの方法は?」参照のこと

(7)特殊な胆管炎(小児,高齢者,肝内結石,術後胆管炎等)については「第XIII章 特殊な胆道炎」参照のこと

(8)成因に対する治療法の選択については「第VII章/Q57.胆管ドレナージ法の選択は?」参照のこと

 

書誌情報