ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第5章 肝動脈化学塞栓療法(TACE)


CQ47 TACE/TAEと他治療法の併用療法は有効か?

推 奨
進行肝細胞癌症例ではTACE/TAEを中心とした穿刺局所療法や放射線治療との併用治療が試みられるべきである。3cm以上の切除不能肝細胞癌ではTACE/TAEと穿刺局所療法の併用療法が推奨される。
(グレードB)

■サイエンティフィックステートメント
切除不能肝細胞癌で穿刺局所療法の対象とならない肝細胞癌に対してTACE/TAEと穿刺局所療法,経皮経肝門脈塞栓術や放射線治療等の種々の治療法との併用療法が近年積極的に行われるようになった(LF014001) Level 4,LF102842) Level 1a,LF105843) Level 2a)。4つのRCT論文のメタアナリシスで(1)TACEと他治療法(穿刺局所療法)の併用療法(TACE+PEIT:3RCT,TACE+RFA:1RCT)はこれらの治療法の単独治療(TACE単独:2RCT,PEIT単独:1RCT,PEITもしくはRFA単独:1RCT)に比して有意に死亡率を低下させている(p=0.046),(2)TACEと局所放射線照射療法の併用療法は門脈内腫瘍塞栓を有する肝細胞癌の予後向上に寄与する(非RCT論文7つ),(3)肝切除および肝移植前のTACEは再発率の減少や予後向上には寄与しなかった。Lip-TAE(抗癌剤は使っていない)後の穿刺局所療法22症例(経皮的エタノール:PEIT12例,経皮的ラジオ波凝固療法:RFA10例)と穿刺局所単独療法20症例(PEIT14例,RFA6例)間のRCT論文で生存率には差は認めていない(LF108434)Level 1b)。一方,4cm以上の肝細胞癌に対するLip-TACEとPEITもしくはレーザー凝固療法との併用療法と個々の単独療法のRCT論文では,5cm以下の肝細胞癌の治療にはLip-TACEと穿刺局所療法の併用療法が各々の単独治療群よりも有意に良好であることが述べられている(LF109295) Level 1b)。さらにYamakadoらは腫瘍径と腫瘍型別肝細胞癌に対するLip-TACE後2週間以内のRFAの併用療法の局所治療効果(すべて6カ月以上観察できた症例)を以下のように述べている。(1)本治療法は腫瘍型に関係なく5cm以下の小径(3cm以下,65結節)および中間径(3〜5cm,32結節)の肝細胞癌結節では局所再発は認めていない,(2)大型径11結節(5.1〜12cm)のうち浸潤型6結節中2結節(33%)に局所再発を認めた。累積1年生存率は98%であり,(3)5.1cm以上の浸潤型結節の肝内再発率は小型結節型(p<0.02),小型浸潤型(p<0.05)および中間径結節型(p<0.04)に比して高かった。結論として併用療法は大型の結節型肝細胞癌の有効な治療法となり得るが大型の浸潤型結節に対しては問題が残ると述べている。肝細胞癌の治療法の選択に肝細胞癌の肉眼分類が重要であることを示唆する重要な論文と考える(LF102842) Level 1a,LF107886) Level 2b)。

■解 説
進行肝細胞癌に対するTACE/TAEを中心とした種々の併用治療成績はTACE/TAEや穿刺局所単独治療成績に比して良好なものが多い(LF016357) Level 1b,LF017548) Level 2a,LF102842) Level 1a,LF109295) Level 1b,LF108999) Level 4)。2005年版ガイドライン作成時に比して,腫瘍塞栓を有する症例や大型肝細胞癌に対するTACE/TAEに併用した穿刺局所療法,3次元原体照射に代表される局所放射線照射療法,肝手術療法などの報告が増加している(LF102842) Level 1a,LF105843) Level 2a,LF107886) Level 2b,LF109295) Level 1b)。肝細胞癌治療は1つの治療法にとらわれることなく集学的治療が予後向上に重要であることを示唆するものと考える。

■参考文献
1) LF01400 Yamakado K, Nakatsuka A, Tanaka N, Matsumura K, Takase K, Takeda K. Long-term follow-up arterial chemoembolization combined with transportal ethanol injection used to treat hepatocellular carcinoma. J Vasc Interv Radiol 1999;10(5):641-7.
2) LF10284 Marelli L, Stigliano R, Triantos C, Senzolo M, Cholongitas E, Davies N, et al. Treatment outcomes for hepatocellular carcinoma using chemoembolization in combination with other therapies. Cancer Treat Rev 2006;32(8):594-606.
3) LF10584 Yamada K, Izaki K, Sugimoto K, Mayahara H, Morita Y, Yoden E, et al. Prospective trial of combined transcatheter arterial chemoembolization and three-dimensional conformal radiotherapy for portal vein tumor thrombus in patients with unresectable hepatocellular carcinoma. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2003;57(1):113-9.
4) LF10843 Akamatsu M, Yoshida H, Obi S, Sato S, Koike Y, Fujishima T, et al. Evaluation of transcatheter arterial embolization prior to percutaneous tumor ablation in patients with hepatocellular carcinoma:a randomized controlled trial. Liver Int 2004;24(6):625-30.
5) LF10929 Ferrari FS, Stella A, Gambacorta D, Magnolfi F, Fantozzi F, Pasquinucci P, et al. Treatment of large hepatocellular carcinoma:comparison between techniques and long term results. Radiol Med(Torino)2004;108(4):356-71.
6) LF10788 Yamakado K, Nakatsuka A, Ohmori S, Shiraki K, Nakano T, Ikoma J, et al. Radiofrequency ablation combined with chemoembolization in hepatocellular carcinoma:treatment response based on tumor size and morphology. J Vasc Interv Radiol 2002;13(12):1225-32.
7) LF01635 Bartolozzi C, Lencioni R, Caramella D, Vignali C, Cioni R, Mazzeo S, et al. Treatment of large HCC:transcatheter arterial chemoembolization combined with percutaneous ethanol injection versus repeated transcatheter arterial chemoembolization. Radiology 1995;197(3):812-8.
8) LF01754 Tanaka K, Nakamura S, Numata K, Okazaki H, Endo O, Inoue S, et al. Hepatocellular carcinoma:treatment with percutaneous ethanol injection and transcatheter arterial embolization. Radiology 1992;185(2):457-60.
9) LF10899 Yamakado K, Nakatsuka A, Akeboshi M, Shiraki K, Nakano T, Takeda K. Combination therapy with radiofrequency ablation and transcatheter chemoembolization for the treatment of hepatocellular carcinoma:Short-term recurrences and survival. Oncol Rep 2004;11(1):105-9

 

書誌情報