ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第5章 肝動脈化学塞栓療法(TACE)


● はじめに
肝細胞癌の大部分は動脈血で栄養されている。肝動脈塞栓療法(Transcatheter Arterial Embolization:TAE)は腫瘍を栄養する肝動脈内に塞栓物質[ゼラチンスポンジ(日本では現在使用禁止),アイバロン等]を注入し,栄養動脈を塞栓し腫瘍を阻血壊死に陥らせる方法である。なお,わが国では2006年10月に,このゼラチンスポンジの血管内投与は禁忌とされた(後述Clinical Question 42)。それに代わり,多孔性ゼラチン粒が,日本では保険適応となっている。2009年度ガイドラインは2007年6月までの論文を引用して作成されたものであり,TACE/TAEに使用された塞栓物質の大多数はゼラチンスポンジである。多孔性ゼラチン粒を用いた論文は,極めて少ない。その効果および副作用はゼラチンスポンジ細片とほぼ同等の短期成績である。そこで,本項では世界中で最も頻用されてきたゼラチンスポンジ細片を用いたTACE/TAEの成績について述べることとなる。抗癌剤を動注後,塞栓物質を注入する方法と,塞栓物質と抗癌剤の混合液を注入する方法が1990年代初期までは施行された(LF030801) Level 1b,LF071052) Level 4)。その後,油性造影剤(イオダイズドオイル:リピオドール)が腫瘍内に蓄積する事実がわかり,リピオドールと抗癌剤の混合液(リピオドールエマルジョン)注入後塞栓物質を注入する化学塞栓療法(Transcatheter Arterial Chemoembolization:TACE)が施行されるようになってきた(LF005343) Level 2a,LF068814) Level 2a)。すなわちTACEは血流支配にのっとった抗癌剤による化学療法と塞栓物質による阻血効果を利用した治療法である。1990年代中頃までは切除不能と判断された腫瘍濃染像を有する肝細胞癌の大多数はACE/TAE療法が施行されていた。その後種々の穿刺局所療法の導入により,切除不能肝細胞癌でかつ穿刺局所療法の対象外とされている肝細胞癌がTACE/TAEの適応となっている。1990年代のランダム化比較試験(RCT)では,TACE/TAEの有用性は証明されなかった。しかしながら,2000年代に入り2編のRCT論文とメタアナリスでLip-TACE/TAEは切除不能肝細胞癌の予後向上に寄与することが証明された(LF018995) Level 1b,LF019206) Level 1a)。使用するリピオドールや抗癌剤および塞栓物質の種類や量は腫瘍径や腫瘍濃染像の程度,腫瘍の占拠部位,カテーテル先端部等により決定される。
『科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン2005年版』(LJ100017))の治療アルゴリズムでは肝障害度AもしくはBで3cmを超えた2~3個の肝細胞癌および4個以上の多発肝細胞癌がTACE/TAEの適応となっている。
TACE/TAE等の経カテーテル的動脈内治療法の定義は世界中で一定しておらず,論文の成績比較に難渋することも多い。
そこで,本項では以下のように経カテーテル的動脈内治療を『原発性肝癌取扱い規約』第5版に基づいて記載する(LJ100038))。(1)肝動脈化学療法(TAI):抗癌剤の肝動注療法,塞栓物質は使わない。リピオドールの併用,リザーバー使用の有無を記載,リピオドールエマルジョンのみ注入はLip-TAIと記す。本法をchemoembolizationやTACEと記載している論文も多い。(2)肝動脈塞栓療法(TAE):ゼラチンスポンジ,多孔性ゼラチン粒,アイバロンやその他の球状塞栓物質等の固形塞栓物質を用いて動脈内を塞栓する方法。抗癌剤は使用しない。(3)肝動脈化学塞栓療法(TACE):抗癌剤とゼラチンスポンジ,多孔性ゼラチン粒,アイバロン,最近開発された薬剤溶出性ビーズ(drug-eluting beads:DEB)等の固形塞栓物質を用いて行う化学塞栓療法(LF107469) Level 2a)。リピオドールエマルジョン注入後ゼラチンスポンジで塞栓するLip-TACEが世界中で最も多く施行されてきた術式である(LF1045110) Level 6,LF1068611) Level 6,LF1080412) Level 6)。なお,リピオドールは,わが国ではTACE使用承認外であるが,実際は米国を除いた多くの施設で使用されているのでリピオドールについても述べる(LF1045110) Level 6,LF1046213) Level 2a)。


■参考文献
1) LF03080 Lin DY, Liaw YF, Lee TY, Lai CM. Hepatic arterial embolization in patients with unresectable hepatocellular carcinoma-a randomized controlled trial. Gastroenterology 1988;94(2):453-6.
2) LF07105 Yamada R, Sato M, Kawabata M, Nakatsuka H, Nakamura K, Takashima S. Hepatic artery embolization in 120 patients with unresectable hepatoma. Radiology 1983;148(2):397-401.
3) LF00534  Bronowicki JP, Boudjema K, Chone L, Nisand G, Bazin C, Pflumio F, et al. Comparison of resection, liver transplantation and transcatheter oily chemoembolization in the treatment of hepatocellular carcinoma. J Hepatol 1996;24(3):293-300.
4) LF06881 Kasugai H, Kojima J, Tatsuta M, Okuda S, Sasaki Y, Imaoka S, et al. Treatment of hepatocellular carcinoma by transcatheter arterial embolization combined with intraarterial infusion of a mixture of cisplatin and ethiodized oil. Gastroenterology 1989;97(4):965-71.
5) LF01899 Lo CM, Ngan H, Tso WK, Liu CL, Lam CM, Poon RT, et al. Randomized controlled trial of transarterial lipiodol chemoembolization for unresectable hepatocellular carcinoma. Hepatology 2002;35(5):1164-71.
6) LF01920 Camma C, Schepis F, Orlando A, Albanese M, Shahied L, Trevisani F, et al. Transarterial chemoembolization for unresectable hepatocellular carcinoma:meta-analysis of randomized controlled trials. Radiology 2002;224(1):47-54.
7) LJ10001 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン作成に関する研究班編.科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン.金原出版,2005.
8) LJ10003 日本肝癌研究会編.G.肝動脈カテーテル療法.臨床・病理 原発性肝癌取扱い規約 第5版,金原出版,2008,p23.
9) LF10746 Varela M, Real MI, Burrel M, Forner A, Sala M, Brunet M, et al. Chemoembolization of hepatocellular carcinoma with drug eluting beads:efficacy and doxorubicin pharmacokinetics. J Hepatol 2007;46(3):474-81.
10) LF10451 Bruix J, Sala M, Llovet JM. Chemoembolization for hepatocellular carcinoma. Gastroenterology 2004;127(5 Suppl 1):S179-88.
11) LF10686 Llovet JM. Updated treatment approach to hepatocellular carcinoma. J Gastroenterol 2005;40(3):225-35.
12) LF10804 Brown DB, Cardella JF, Sacks D, Goldberg SN, Gervais DA, Rajan D, et al. Quality improvement guidelines for transhepatic arterial chemoembolization, embolization, and chemotherapeutic infusion for hepatic malignancy. J Vasc Interv Radiol 2006;17(2 Pt 1):225-32.
13) LF10462 Takayasu K, Arii S, Ikai I, Omata M, Okita K, Ichida T, et al. Prospective cohort study of transarterial chemoembolization for unresectable hepatocellular carcinoma in 8510 patients. Gastroenterology 2006;131(2):461-9.

 

書誌情報