ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第4章 化学療法・放射線治療


第2節 放射線治療

CQ39 放射線治療を行うことにより,予後は改善するか?

推 奨
放射線治療単独で予後の改善を示唆する科学的根拠はない。ただし,TACEを併用することによって予後が改善する可能性があるが,十分な科学的根拠はない。
(グレードC1)

■サイエンティフィックステートメント
放射線治療の役割をRCTで示した報告はみられないが,複数の後ろ向き研究がTACEに放射線治療を追加することによる予後の改善を示唆するデータを報告している。TACE単独治療例と TACE+放射線併用例との生存期間を比較した研究がこれまで5報告ある。いずれも,患者背景や治療内容が互いに異なるが,これらのうち4報告(LF102731) Level 3,LF108472) Level 3,LF110203) Level 3,LF110324) Level 3)で放射線治療併用が有意な予後因子であったと報告している。Chengらの報告(LF113365) Level 3)は,これら5報告のうち,TACE単独群と TACE+放射線群とで生存期間に有意な差がみられなかったとする唯一の報告であった。
また,動注化学療法併用(LF106496) Level 4,LF113847) Level 4),TACE 併用(LF111788) Level 4),放射線治療単独(LF111019) Level 4)で放射線治療を行った報告で,放射線の総線量が生存に対する予後因子であったと報告されている。門脈腫瘍栓もしくは切除不能の症例に対する放射線単独治療の報告でも,予後が放射線の投与線量に依存していることが示されている(LF1170710) Level 4,LF1135411) Level 4,LF1082212) Level 4)。ただし,動注化学療法併用放射線治療の2報告(LF106496) Level 4,LF113847) Level 4)は,いずれも胆管癌および大腸癌肝転移を対象に含んだ研究であり,肝細胞癌にあてはまるか否かは示されていないため,解釈には注意を要する。
以上より,十分な科学的根拠はないものの,TACE単独治療よりも放射線治療を併用したほうが予後改善する可能性があると考えられる。

■解 説
上に挙げた報告でも,患者背景や治療内容が報告ごとに異なり,しかも,大半が後ろ向きの比較研究であることから,科学的根拠には乏しいといえる。放射線治療の意義の確立にはRCTが必要であるが,その前に,放射線治療の適応となる病態・肝機能についてコンセンサスが作られなければならない。

■参考文献
1) LF10273 Zeng ZC, Tang ZY, Fan J, Zhou J, Qin LX, Ye SL, et al. A comparison of chemoembolization combination with and without radiotherapy for unresectable hepatocellular carcinoma. Cancer J 2004;10(5):307-16.
2) LF10847 Shim SJ, Seong J, Han KH, Chon CY, Suh CO, Lee JT. Local radiotherapy as a complement to incomplete transcatheter arterial chemoembolization in locally advanced hepatocellular carcinoma. Liver Int 2005;25(6):1189-96.
3) LF11020 Guo WJ, Yu EX, Liu LM, Li J, Chen Z, Lin JH, et al. Comparison between chemoembolization combined with radiotherapy and chemoembolization alone for large hepatocellular carcinoma. World J Gastroenterol 2003;9(8):1697-701.
4) LF11032 Wu DH, Liu L, Chen LH. Therapeutic effects and prognostic factors in three-dimensional conformal radiotherapy combined with transcatheter arterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma. World J Gastroenterol 2004;10(15):2184-9.
5) LF11336 Chia-Hsien Cheng J, Chuang VP, Cheng SH, Lin YM, Cheng TI, Yang PS, et al. Unresectable hepatocellular carcinoma treated with radiotherapy and/or chemoembolization. Int J Cancer 2001;96(4):243-52.
6) LF10649 Ben-Josef E, Normolle D, Ensminger WD, Walker S, Tatro D, Ten Haken RK, et al. PhaseII trial of high-dose conformal radiation therapy with concurrent hepatic artery floxuridine for unresectable intrahepatic malignancies. J Clin Oncol 2005;23(34):8739-47.
7) LF11384 Dawson LA, McGinn CJ, Normolle D, Ten Haken RK, Walker S, Ensminger W, et al. Escalated focal liver radiation and concurrent hepatic artery fluorodeoxyuridine for unresectable intrahepatic malignancies. J Clin Oncol 2000;18(11):2210-8.
8) LF11178 Guo WJ, Yu EX. Evaluation of combined therapy with chemoembolization and irradiation for large hepatocellular carcinoma. Br J Radiol 2000;73(874):1091-7.
9) LF11101 Kim TH, Kim DY, Park JW, Kim YI, Kim SH, Park HS, et al. Three-dimensional conformal radiotherapy of unresectable hepatocellular carcinoma patients for whom transcatheter arterial chemoembolization was ineffective or unsuitable. Am J Clin Oncol 2006;29(6):568-75.
10) LF11707 Kim DY, Park W, Lim DH, Lee JH, Yoo BC, Paik SW, et al. Three-dimensional conformal radiotherapy for portal vein thrombosis of hepatocellular carcinoma. Cancer 2005;103(11):2419-26.
11) LF11354 Park W, Lim DH, Paik SW, Koh KC, Choi MS, Park CK, et al. Local radiotherapy for patients with unresectable hepatocellular carcinoma. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2005;61(4):1143-50.
12) LF10822 Liu MT, Li SH, Chu TC, Hsieh CY, Wang AY, Chang TH, et al. Three-dimensional conformal radiation therapy for unresectable hepatocellular carcinoma patients who had failed with or were unsuited for transcatheter arterial chemoembolization. Jpn J Clin Oncol 2004;34(9):532-9.

 

書誌情報