ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第4章 化学療法・放射線治療


第1節 化学療法

CQ36 ホルモン療法は有効か?

推 奨
進行肝細胞癌に対してホルモン療法は無効であり,行わないよう勧められる。
(グレードD)

■サイエンティフィックステートメント
3件の大規模RCTにてタモキシフェンは肝細胞癌症例の予後を改善しなかった(LF023441) Level 1b,LF106472) Level 1b,LF071433) Level 1b)。高用量では生存期間の延長はなく,死亡率が増加し,QOLの改善も認めなかった(LF071433) Level 1b)。
2件のメタアナリシスにより肝細胞癌に対するタモキシフェンの使用は否定された(LF103434) Level 1a,LF101935) Level 1a)。
抗アンドロゲン療法も2件の200例以上のRCTにて効果が否定された(LF023226) Level 1b,LF105517) Level 1b)。

■解 説
ホルモン療法については大規模RCTが行われており,効果がないという十分なエビデンスがあると判断し,推奨の強さのグレードはDとした。

■参考文献
1) LF02344 CLIP Group(Cancer of the Liver Italian Programme). Tamoxifen in treatment of hepatocellular carcinoma:a randomised controlled trial.. Lancet 1998;352(9121):17-20.
2) LF10647 Barbare JC, Bouche O, Bonnetain F, Raoul JL, Rougier P, Abergel A, et al. Randomized controlled trial of tamoxifen in advanced hepatocellular carcinoma. J Clin Oncol 2005;23(19):4338-46.
3) LF07143 Chow PK, Tai BC, Tan CK, Machin D, Win KM, Johnson PJ, et al. High-dose tamoxifen in the treatment of inoperable hepatocellular carcinoma:A multicenter randomized controlled trial. Hepatology 2002;5(36):1221-6.
4) LF10343 Nowak A, Findlay M, Culjak G, Stockler M. Tamoxifen for hepatocellular carcinoma. Cochrane Database Syst Rev 2004(3):CD001024.
5) LF10193 Gallo C, De Maio E, Di Maio M, Signoriello G, Daniele B, Pignata S, et al. Tamoxifen is not effective in good prognosis patients with hepatocellular carcinoma. BMC Cancer 2006;6:196.
6) LF02322 Grimaldi C, Bleiberg H, Gay F, Messner M, Rougier P, Kok TC, et al. Evaluation of antiandrogen therapy in unresectable hepatocellular carcinoma:results of a European Organization for Research and Treatment of Cancer multicentric double-blind trial. J Clin Oncol 1998;16(2):411-7.
7) LF10551 Anonymous. Randomized trial of leuprorelin and flutamide in male patients with hepatocellular carcinoma treated with tamoxifen. Hepatology 2004;40(6):1361-9.

 

書誌情報