ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第3章 手術


第4節 補助療法

CQ26 術後補助療法は肝切除後の予後を改善するか?

推 奨
術後のインターフェロンα療法は再発抑制や生存率の向上のために寄与する可能性があり,そのほかにも有効と報告されている補助療法はある。しかし,推奨するまでには至っていない。
(グレードC1)

■サイエンティフィックステートメント
インターフェロンα療法はHBV陽性やHCV陽性肝細胞癌の術後補助療法として,再発抑制や生存率の改善が認められている(LF106261) Level 1b,LF117642) Level 1b)。しかし,生存率の改善や再発抑制効果が一定のサブグループのみにとどまったとの報告もある(LF101373) Level 1b,LF105564) Level 1b)。
術後全身化学療法は肝機能良好例では有用であったとの報告がみられるが,逆に肝機能を悪化させ予後が不良となったとの報告もあり,一定の見解を得るには至っていない(LF000325) Level 1a,LF003516) Level 1b,LF105557) Level 1b,LF005028) Level 1b)。肝動注化学療法や肝動脈塞栓療法も含めた経肝動脈的治療はメタアナリシスで再発率を抑制し生存率を改善したと報告されているが,標準的なプロトコールは確立されていない(LF003199) Level 2b,LF0031610) Level 1b,LF1006511) Level 1a,LF0052212) Level 1b)。
術後再発予防としての養子免疫療法(LF0185513) Level 1b)により再発が抑制されたとの報告があるが,生存率を有意に改善するまでには至っていない。またacyclic retinoid(LF0158214) Level 1b,LF0224915) Level 1b)により再発が抑制され生存率が改善したと報告されている。それぞれの報告は異なる治療法の少数例の比較試験であり,現段階では術後補助療法として推奨するまでには至っていない。分枝鎖アミノ酸長期投与は生存率の改善効果はない(LF0044016) Level 1b)。

■解 説
術後補助療法についてはエビデンスレベルの高い報告があり,下記の参考論文はLF003199)(Level 2b)を除きランダム化比較試験(RCT)である。
術後インターフェロンα療法は HBV 陽性肝細胞癌,HCV陽性肝細胞癌においておのおの1件のRCTで生存率の改善が報告されている。しかし,他の2件のRCTでは生存率の改善は認められず,HBV陽性肝細胞癌のRCTでは進行肝細胞癌でのみ生存率の改善が,HCV陽性肝細胞癌では比較的早期の肝細胞癌で再発抑制が認められたとする報告であり,推奨度はグレードC1とした。
術後の抗癌剤による化学療法は,投与経路として全身化学療法と肝動注化学療法が行われている。投与経路にかかわらず結果は一致していないが,メタアナリシスで肝動注化学療法の有効性が示されている。今後,有効との報告のあるプロトコールの検証が必要である。
ほかにこれまで養子免疫療法,acyclic retinoid,131I-リピオドールの肝動注について,各1件のRCTで有効との報告があり期待される治療法である。しかし,それぞれが少数例の RCTの単報であり,今後これらの報告に基づき大規模な比較試験による検討が必要であると考えられる。なお,131I-リピオドールの肝動脈内投与は短期予後の改善が報告されているものの,その後の長期経過については報告されておらず,放射性同位元素の使用に厳しい制限のあるわが国では推奨する治療法にはならないと考えられる。

■参考文献
1) LF10626 Sun HC, Tang ZY, Wang L, Qin LX, Ma ZC, Ye QH, et al. Postoperative interferon alpha treatment postponed recurrence and improved overall survival in patients after curative resection of HBV-related hepatocellular carcinoma:a randomized clinical trial. J Cancer Res Clin Oncol 2006;132(7):458-65.
2) LF11764 Kubo S, Nishiguchi S, Hirohashi K, Tanaka H, Shuto T, Kinoshita H. Randomized clinical trial of long-term outcome after resection of hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma by postoperative interferon therapy. Br J SUrg 2002;89(4):418-22.
3) LF10137 Lo CM, Liu CL, Chan SC, Lam CM, Poon RT, Ng IO, et al. A randomized, controlled trial of postoperative adjuvant interferon therapy after resection of hepatocellular carcinoma. Ann Surg 2007;245(6):831-42.
4) LF10556 Mazzaferro V, Romito R, Schiavo M, Mariani L, Camerini T, Bhoori S, et al. Prevention of hepatocellular carcinoma recurrence with alpha-interferon after liver resection in HCV cirrhosis. Hepatology 2006;44(6):1543-54.
5) LF00032 Ono T, Yamanoi A, Nazmy El Assal O, Kohno H, Nagasue N. Adjuvant chemotherapy after resection of hepatocellular carcinoma causes deterioration of long-term prognosis in cirrhotic patients:metaanalysis of three randomized controlled trials. Cancer 2001;91(12):2378-85.
6) LF00351 Lai EC, Lo CM, Fan ST, Liu CL, Wong J. Postoperative adjuvant chemotherapy after curative resection of hepatocellular carcinoma:a randomized controlled trial. Arch Surg 1998;133(2):183-8.
7) LF10555 Hasegawa K, Takayama T, Ijichi M, Matsuyama Y, Imamura H, Sano K, et al. Uracil-tegafur as an adjuvant for hepatocellular carcinoma:a randomized trial. Hepatology 2006;44(4):891-5.
8) LF00502 Yamamoto M, Arii S, Sugahara K, Tobe T. Adjuvant oral chemotherapy to prevent recurrence after curative resection for hepatocellular carcinoma. Br J Surg 1996;83(3):336-40.
9) LF00319 Okuda K, Tanaka M, Shibata J, Ando E, Ogata T, Kinoshita H, et al. Hepatic arterial infusion chemotherapy with continuous low dose administration of cisplatin and 5-fluorouracil for multiple recurrence of hepatocellular carcinoma after surgical treatment. Oncol Rep 1999;6(3):587-91.
10) LF00316 Lau WY, Leung TW, Ho SK, Chan M, Machin D, Lau J, et al. Adjuvant intra-arterial iodine-131-labelled lipiodol for resectable hepatocellular carcinoma:a prospective randomised trial. Lancet 1999;353(9155):797-801.
11) LF10065 Mathurin P, Raynard B, Dharancy S, Kirzin S, Fallik D, Pruvot FR, et al. Meta-analysis:evaluation of adjuvant therapy after curative liver resection for hepatocellular carcinoma. Aliment Pharmacol Ther 2003;17(10):1247-61.
12) LF00522 Kohno H, Nagasue N, Hayashi T, Yamanoi A, Uchida M, Ono T, et al. Postoperative adjuvant chemotherapy after radical hepatic resection for hepatocellular carcinoma(HCC). Hepatogastroenterology 1996;43(12):1405-9.
13) LF01855 Takayama T, Sekine T, Makuuchi M, Yamasaki S, Kosuge T, Yamamoto J, et al. Adoptive immunotherapy to lower postsurgical recurrence rates of hepatocellular carcinoma:a randomised trial. Lancet 2000;356(9232):802-7.
14) LF01582 Muto Y, Moriwaki H, Ninomiya M, Adachi S, Saito A, Takasaki KT, et al. Prevention of second primary tumors by an acyclic retinoid, polyprenoic acid, in patients with hepatocellular carcinoma. Hepatoma Prevention Study Group. N Engl J Med 1996;334(24):1561-7.
15) LF02249 Muto Y, Moriwaki H, Saito A. Prevention of second primary tumors by an acyclic retinoid in patients with hepatocellular carcinoma. N Engl J Med 1999;340(13):1046-7.
16) LF00440 The San-in Group of Liver Surgery. Long-term oral administration of branched chain amino acids after curative resection of hepatocellular carcinoma:a prospective randomized trial. Br J Surg 1997;84(11):1525-31.

 

書誌情報