ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第3章 手術


第2節 予後因子

CQ22 系統的切除は予後に寄与するか?

推 奨
肝切除では系統的に行うことが推奨される。
(グレードB)

■サイエンティフィックステートメント
5cm以下の肝細胞癌において後ろ向き研究で,系統的切除が部分切除に比較して生存率に優位性を示し,特に結節外転移を示す症例に有意差を認める(LF001021) Level 2b)。無再発生存率の検討も同様に,系統的切除が部分切除に比較して優位性を示す(LF002532) Level 2b)。さらに,単発肝細胞癌では系統的区域および亜区域切除が部分切除に比較して生存率および無再発生存率で優位性を示す(LF111483) Level 2b)。しかし,肝硬変がなく,浸潤のない腫瘍のみにおいて無再発生存率に相違を認めるとの報告もある(LF007284) Level 2b)。
以上から,系統的切除は予後を向上させる可能性が高い。

■解 説
最も重要な予後因子に門脈侵襲がある。したがって,腫瘍の局在領域を支配する門脈の走行を考慮して,肝切除をすべきである。

■参考文献
1) LF00102 Yamamoto M, Takasaki K, Ohtsubo T, Katsuragawa H, Fukuda C, Katagiri S. Effectiveness of systematized hepatectomy with Glisson’s pedicle transection at the hepatic hilus for small nodular hepatocellular carcinoma:retrospective analysis. Surgery 2001;130(3):443-8.
2) LF00253 Imamura H, Matsuyama Y, Miyagawa Y, Ishida K, Shimada R, Miyagawa S, et al. Prognostic significance of anatomical resection and des-gamma-carboxy prothrombin in patients with hepatocellular carcinoma. Br J Surg 1999;86(8):1032-8.
3) LF11148 Hasegawa K, Kokudo N, Imamura H, Matsuyama Y, Aoki T, Minagawa M, et al. Prognostic impact of anatomic resection for hepatocellular carcinoma. Ann Surg 2005;242(2):252-9.
4) LF00728 Kosuge T, Makuuchi M, Takayama T, Yamamoto J, Shimada K, Yamasaki S. Long-term results after resection of hepatocellular carcinoma:experience of 480 cases. Hepatogastroenterology 1993;40(4):328-32.

 

書誌情報