ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第3章 手術


第2節 予後因子

CQ21 切除断端距離は予後に寄与するか?

推 奨
肝切除において肝切離断端距離は必要最低限でよい。
(グレードB)

■サイエンティフィックステートメント
肝切除断端の距離が1cm以上と1cm未満の2群において術後再発率に有意差を認めない(LF001281) Level 2a,LF007772) Level 2b)。肝切除断端の距離を5mm以上と未満で分けた比較検討でも術後再発率に有意差を認めない(LF006233) Level 2b,LF007284) Level 2b)。また,葉切除以上の拡大切除と縮小手術とを比較した報告でも生存率に有意差を認めない(LF000335) Level 2b)。2cmを確保したほうが1cmよりも予後はよいというランダム化比較試験があるが(LF117666) Level 1b),最も適切な距離が何cmかは不明である。
したがって,切離断端距離は予後に寄与する可能性が低い。

■解 説
肝細胞癌,手術をキーワードに調べた英文原著1,481編(1980〜2007年)のうち,切除断端距離について予後を検討した論文は29編であった。従来,5mmから1cmの切離断端距離は予後に寄与しないとされていたが,香港のShiらは2cm以上の切離断端距離を勧める無作為化比較試験を報告した(LF117666) Level 1b)。しかし,切離断端は肝機能や腫瘍の位置・大きさにより制限され,2cm以上の確保は現実的には困難なことが多い。したがって,肝細胞癌の肝切除において,腫瘍を露出させないよう必要最小限の距離をとって切除すればよいと考える。

■参考文献
1) LF00128 Poon RT, Fan ST, Ng IO, Wong J. Significance of resection margin in hepatectomy for hepatocellular carcinoma:A critical reappraisal. Ann Surg 2000;231(4):544-51.
2) LF00777 Arii S, Tanaka J, Yamazoe Y, Minematsu S, Morino T, Fujita K, et al. Predictive factors for intrahepatic recurrence of hepatocellular carcinoma after partial hepatectomy. Cancer 1992;69(4):913-9.
3) LF00623 Kawasaki S, Makuuchi M, Miyagawa S, Kakazu T, Hayashi K, Kasai H, et al. Results of hepatic resection for hepatocellular carcinoma. World J Surg 1995;19(1):31-4.
4) LF00728 Kosuge T, Makuuchi M, Takayama T, Yamamoto J, Shimada K, Yamasaki S. Long-term results after resection of hepatocellular carcinoma:experience of 480 cases. Hepatogastroenterology 1993;40(4):328-32.
5) LF00033 Zhou XD, Tang ZY, Yang BH, Lin ZY, Ma ZC, Ye SL, et al. Experience of 1000 patients who underwent hepatectomy for small hepatocellular carcinoma. Cancer 2001;91(8):1479-86.
6) LF11766 Shi M, Guo RP, Lin XJ, Zhang YQ, Chen MS, Zhang CQ, et al. Partial hepatectomy with wide versus narrow resection margin for solitary hepatocellular carcinoma:a prospective randomized trial. Ann Surg 2007;245(1):36-43.

 

書誌情報