ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第3章 手術


第2節 予後因子

CQ20 肝切除後の予後因子は何か?

推 奨
肝切除後の主な予後因子は Stage 分類,脈管侵襲,肝機能,腫瘍数である。
(グレードB)

■サイエンティフィックステートメント
肝切除後の生存率および無再発生存率において腫瘍径,腫瘍数,被膜形成,脈管侵襲,肝機能,臨床病期によりサブグループ化した検討では,腫瘍径5cm未満,単発,被膜形成あり,脈管侵襲なし,血清アルブミン値40g/l未満,pTNM stageI・IIが予後良好で,このうちpTNM stageが最も信頼できる予後因子である(LF000731) Level 2a)。また,無再発生存率の検討においてStage分類,腫瘍径,腫瘍数,被膜形成が有意な予後因子として前者と同様であるが,このうち術後の全期間を通して生存予後に関与するのは脈管侵襲としている(LF007772) Level 2b)。術後2年未満の早期再発因子は非系統的切除,病理学的脈管侵襲あり,AFP32ng/ml以上である(LF114293) Level 2b)。腫瘍径に関しては予後に影響しないとする論文(LF006234) Level 2b,LF008535) Level 4)もあり,見解が一致していない。また,2cm以下の腫瘍においては,早期肝細胞癌の生存率が良好である(LF003786) Level 2a)。一方,門脈本幹または第一次分枝に腫瘍栓を伴う肝細胞癌切除例では無腹水,プロトロンビン活性75%以上,腫瘍径5cm以下が予後良好である(LF106197) Level 2b)。

■解 説
肝細胞癌,手術をキーワードに調べた英文原著1,481編(1980〜2007年)のうち,予後因子に関する論文は364編で,このうち信頼度の高い37編を検討すると,脈管侵襲を有用とするものが最も多く(68%),次いで,肝機能(46%),腫瘍数(35%),Stage分類(19%),腫瘍径(19%)である。肝機能ではChild分類や血清アルブミン値を有用とするものが多い。腫瘍径に関しては予後に影響しないとするものが23%あり,見解が一致していない。Stage分類のうちstage 0とされる早期肝細胞癌の生存率は良好で,早期肝細胞癌は予後因子ともいえる。このほか,被膜形成,衛星結節,系統的切除,AFP値も予後に有意とする論文が散見される。一方,肝硬変,切離断端距離は有意でないとする論文が多い。

■参考文献
1) LF00073 Poon RT, Ng IO, Fan ST, Lai EC, Lo CM, Liu CL, et al. Clinicopathologic features of longterm survivors and disease-free survivors after resection of hepatocellular carcinoma:a study of a prospective cohort. J Clin Oncol 2001;19(12):3037-44.
2) LF00777 Arii S, Tanaka J, Yamazoe Y, Minematsu S, Morino T, Fujita K, et al. Predictive factors for intrahepatic recurrence of hepatocellular carcinoma after partial hepatectomy. Cancer 1992;69(4):913-9.
3) LF11429 Imamura H, Matsuyama Y, Tanaka E, Ohkubo T, Hasegawa K, Miyagawa S, et al. Risk factors contributing to early and late phase intrahepatic recurrence of hepatocellular carcinoma after hepatectomy. J Hepatol 2003;38(2):200-7.
4) LF00623 Kawasaki S, Makuuchi M, Miyagawa S, Kakazu T, Hayashi K, Kasai H, et al. Results of hepatic resection for hepatocellular carcinoma. World J Surg 1995;19(1):31-4.
5) LF00853 Franco D, Capussotti L, Smadja C, Bouzari H, Meakins J, Kemeny F, et al. Resection of hepatocellular carcinomas. Results in 72 European patients with cirrhosis. Gastroenterology 1990;98(3):733-8.
6) LF00378 Takayama T, Makuuchi M, Hirohashi S, Sakamoto M, Yamamoto J, Shimada K, et al. Early hepatocellular carcinoma as an entity with a high rate of surgical cure. Hepatology 1998;28(5):1241-6.
7) LF10619 Ikai I, Hatano E, Hasegawa S, Fujii H, Taura K, Uyama N, et al. Prognostic index for patients with hepatocellular carcinoma combined with tumor thrombosis in the major portal vein. J Am Coll Surg 2006;202(3):431-8.

 

書誌情報