ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第2章 診断およびサーベイランス


第2節 腫瘍マーカー

CQ7 肝細胞癌の診断において2種以上の腫瘍マーカーを測定することは有用か?

推 奨
小肝細胞癌の診断においては2種以上の腫瘍マーカーを測定することが推奨される。
(グレードA)

■背 景
わが国では,肝細胞癌の腫瘍マーカーとしてアルファフェトプロテイン(以下AFP),PIVKA-II,AFPレクチン分画(以下AFP-L3分画)の3種が保険適応となっている。
AFPは,最も古くから使用されている腫瘍マーカーで,かつては500ng/ml以上は肝細胞癌確診として広く受け入れられていた。しかし,定期的スクリーニングによって発見されるような小肝細胞癌のAFP値が高値であることは稀で,画像診断の進歩と相まってAFPの肝細胞癌診断における地位は近年低下している。
PIVKA-II(protein induced by vitamin K absence or antagonist-II)は,des-γ-carboxy prothrombinともいい,肝で合成される凝固活性をもたない異常プロトロンビンである。肝細胞癌に特異的な腫瘍マーカーとして,わが国でも広く使われている。AFPと同様に小肝細胞癌での陽性率は高くない。
レンズマメレクチン親和性をもつAFP分画(AFP-L3分画)は,AFPに比し,特異度が高いことが特徴である。

■サイエンティフィックステートメント
3cm以下の肝細胞癌に対するAFPの感度は,カットオフ値を20ng/mlとすると23.7~63.7%,200ng/mlとすると20.5%であった。特異度は,カットオフ値20ng/mlで49.1~83.1%,200ng/mlで70.7~97.6%であった。3cm以下の肝細胞癌に対するPIVKA-IIの感度は,カットオフ値を40mAU/mlとすると27.6%,100mAU/mlとすると7.3~23.7%であった。特異度は,カットオフ値40mAU/mlで94.7~95.9%,100mAU/mlで92.9~100%であった。3cm以下の肝細胞癌に対するAFP-L3分画の感度は,カットオフ値を10%とすると22.2~33.3%,15%とすると26.8~46.0%であった。特異度は,それぞれ93.0~93.8%,93.9~100%であった。一方,3cm以下の肝細胞癌に対するAFP+PIVKA-IIの感度は,カットオフ値をそれぞれ20ng/mlおよび16mAU/mlとした場合83%で,特異度は 84%であった(LF033812) Level 1)。また3cm以下の肝細胞癌に対するPIVKA-II+AFP-L3分画の感度は,カットオフ値をそれぞれ,40mAU/ml,10%とすると 41.7~66.7%,特異度は,89.5~89.8%であった。小肝細胞癌において2種の腫瘍マーカーを測定することは,特異度の低下は最小限に抑えつつ,感度を向上させる。

■解 説
肝細胞癌と各種腫瘍マーカーをキーワードに36本の原著論文を抽出し,アブストラクトフォームを作成した。そのうち,腫瘍径について5cm以下の記載があるもの,感度特異度が明記されているもの,対照群として慢性肝炎あるいは肝硬変患者が設定されているものを条件に15本を採択した。
サイエンティフィックステートメントでは,3cm以下についての感度特異度のみを記載した。2cm以下,5cm以下のものについては,詳細をアブストラクトフォームに記した。
同一論文内では,腫瘍サイズが小さくなるほど感度が低下する傾向が認められた。
Shimauchiらは,78人の肝硬変患者(男性48人,女性30人)を平均42カ月にわたって経過観察し,21人に肝細胞癌発癌を認めた。経過観察終了時の非癌患者57人を対照群とすると,AFP-L3分画の感度はカットオフ値10%で33.3%であり,特異度は93.0%であった。PIVKA-IIの感度は,カットオフ値40mAU/mlで42.9%であり,特異度は96.5%であった。2つの腫瘍マーカーを組み合わせると感度は66.7%で,特異度は89.5%であった。
Nomuraらは,36人の肝細胞癌患者について,高感度PIVKA-IIおよびAFP-L3分画を測定した。対照として49人の肝硬変患者を設定したところ,高感度PIVKA-IIの感度は,カットオフ値40mAU/mlで27.8%,特異度は95.9%であった。AFP-L3分画の感度は,カットオフ値10%で22.2%,特異度は93.9%であった。高感度PIVKA-IIとAFP-L3分画を併せると感度は41.7%,特異度は89.8%であった。

注:現行の健康保険制度上は,AFP-L3分画は,診療および腫瘍マーカー以外の検査から悪性腫瘍の可能性が強く疑われる場合にのみ,算定できる。

■参考文献
1) LF02949 Tsai SL, Huang GT, Yang PM, Sheu JC, Sung JL, Chen DS. Plasma des-gamma-carboxyprothrombin in the early stage of hepatocellular carcinoma. Hepatology 1990;11(3):481-7.
2) LF03381 Ikoma J, Kaito M, Ishihara T, Nakagawa N, Kamei A, Fujita N, et al. Early diagnosis of hepatocellular carcinoma using a sensitive assay for serum des-gamma-carboxy prothrombin:a prospective study. Hepatogastroenterology 2002;49(43):235-8.
3) LF03437 Oka H, Saito A, Ito K, Kumada T, Satomura S, Kasugai H, et al. Multicenter prospective analysis of newly diagnosed hepatocellular carcinoma with respect to the percentage of Lens culinaris agglutinin-reactive alpha-fetoprotein. J Gastroenterol Hepatol 2001;16(12):1378-83.
4) LF03505 Shimauchi Y, Tanaka M, Kuromatsu R, Ogata R, Tateishi Y, Itano S, et al. A simultaneous monitoring of Lens culinaris agglutinin A-reactive alpha-fetoprotein and des-gamma-carboxy prothrombin as an early diagnosis of hepatocellular carcinoma in the follow-up of cirrhotic patients. Oncol Rep 2000;7(2):249-56.
5) LF03518 Nomura F, Ishijima M, Kuwa K, Tanaka N, Nakai T, Ohnishi K. Serum des-gamma-carboxy prothrombin levels determined by a new generation of sensitive immunoassays in patients with small-sized hepatocellular carcinoma. Am J Gastroenterol 1999;94(3):650-4.
6) LF03576 Mita Y, Aoyagi Y, Yanagi M, Suda T, Suzuki Y, Asakura H. The usefulness of determining des-gamma-carboxy prothrombin by sensitive enzyme immunoassay in the early diagnosis of patients with hepatocellular carcinoma. Cancer 1998;82(9):1643-8.
7) LF03656 Nomura F, Ishijima M, Horikoshi A, Nakai T, Ohnishi K. Determination of serum desgamma-carboxy prothrombin levels in patients with small-sized hepatocellular carcinoma:comparison of the conventional enzyme immunoassay and two modified methods. Am J Gastroenterol 1996;91(7):1380-3.
8) LF03726 Shiraki K, Takase K, Tameda Y, Hamada M, Kosaka Y, Nakano T. A clinical study of lectin-reactive alpha-fetoprotein as an early indicator of hepatocellular carcinoma in the follow-up of cirrhotic patients. Hepatology 1995;22(3):802-7.
9) LF03754 Saitoh S, Ikeda K, Koida I, Tsubota A, Arase Y, Chayama K, et al. Serum des-gamma-carboxyprothrombin concentration determined by the avidin-biotin complex method in small hepatocellular carcinomas. Cancer 1994;74(11):2918-23.
10) LF03757 Suehiro T, Sugimachi K, Matsumata T, Itasaka H, Taketomi A, Maeda T. Protein induced by vitamin K absence or antagonist II as a prognostic marker in hepatocellular carcinoma. Comparison with alpha-fetoprotein. Cancer 1994;73(10):2464-71.
11) LF03801 Taketa K, Endo Y, Sekiya C, Tanikawa K, Koji T, Taga H, et al. A collaborative study for the evaluation of lectin-reactive alpha-fetoproteins in early detection of hepatocellular carcinoma. Cancer Res 1993;53(22):5419-23.
12) LF03804 Kasahara A, Hayashi N, Fusamoto H, Kawada Y, Imai Y, Yamamoto H, et al. Clinical evaluation of plasma des-gamma-carboxy prothrombin as a marker protein of hepatocellular carcinoma in patients with tumors of various sizes. Dig Dis Sci 1993;38(12):2170-6.
13) LF04001 Tanabe Y, Ohnishi K, Nomura F, Iida S. Plasma abnormal prothrombin levels in patients with small hepatocellular carcinoma. Am J Gastroenterol 1988;83(12):1386-9.
14) LF04008 Fujiyama S, Morishita T, Hashiguchi O, Sato T. Plasma abnormal prothrombin(des-gamma-carboxy prothrombin)as a marker of hepatocellular carcinoma. Cancer 1988;61(8):1621-8.
15) LF11056 Wang CS, Lin CL, Lee HC, Chen KY, Chiang MF, Chen HS, et al. Usefulness of serum des-gamma-carboxy prothrombin in detection of hepatocellular carcinoma. World J Gastroenterol 2005;11(39):6115-9.

アブストラクトテーブル
アブストラクトテーブル

 

書誌情報