ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第1章 予防


第1節 インターフェロン療法

CQ1 インターフェロン療法は,肝細胞癌の発癌予防に有効か?

推 奨
C型慢性肝炎・代償性C型肝硬変患者の発癌予防には,インターフェロンを中心としたウイルス駆除療法が推奨される。
(グレードB)

■背 景
C型慢性肝炎・肝硬変は,わが国における肝細胞癌の最大の高危険群である。インターフェロン療法がC型肝硬変患者からの発癌を減少させるかを検討した。

■サイエンティフィックステートメント
インターフェロン療法は,代償性C型肝硬変からの発癌リスクを減少させる。2つのメタアナリシスにおいて代償性C型肝硬変に対するインターフェロン療法は,有意に発癌リスクを減少させた(LF019381) Level 1aにおいて相対リスク2.7分の1,LF020082) Level 1aにおいて絶対リスク10%減)。Cammaらは,3本の非ランダム化比較試験(非RCT)についてメタアナリシスを行い,インターフェロンによるウイルス駆除は発癌リスクを絶対リスクで3.6%(95%CI:2.3~5.0)減少させると報告している(p<0.00001)

■解 説
今回の改訂に際し,推奨グレードをAからBへ変更した。これは,C型肝硬変に対するインターフェロン療法のランダム化比較試験(RCT)2編のうち,1編は抄録であり,残りのエビデンスがすべて2a/2bにとどまるためである。
肝細胞癌とインターフェロン療法,C型肝炎をキーワードにC型肝硬変に対する発癌率を検討した15の原著論文と2つのメタアナリシスについてアブストラクトフォームを作成した。このうち,メタアナリシス2本とインターフェロン非投与群が設定されている12の原著論文を採択した。このうちRCTは,LF026033)(Level 1b)とLF071224)(Level 1b)の2本であり,いずれもインターフェロン投与は,肝細胞癌の発生を抑制するという結果であった。また,LF019381)(Level 1a)およびLF020082)(Level 1a)のメタアナリシスも同様にC型肝硬変患者に対するインターフェロンによる肝細胞癌の発癌予防効果を肯定するものであった。
これらのstudyは,代償性肝硬変患者を対象に行われており,非代償性肝硬変に対するインターフェロンの安全性については,十分なエビデンスはない。
C型肝炎患者の発癌は,多くの場合肝硬変の状態で起こることが知られている。よってC型慢性肝炎(非肝硬変)患者におけるインターフェロン療法の発癌抑止効果を検討するには,肝硬変の場合よりもより多くの症例数とより長い観察期間を要する。そのため,現在に至るまで,上記の効果を検討するRCTは発表されていない。論文検索の結果,3つの非RCTと1つのメタアナリシスが採択された。
Inoueらは,C型慢性肝炎患者2,890人を対象とした後ろ向き研究の中で,平均観察期間4.3年でインターフェロン投与群224人から5人の,インターフェロン非投与群699人から101人の発癌を認め,Cox比例ハザードにて危険因子を調整した結果,インターフェロン投与は,C型慢性肝炎からの発癌を抑止すると報告している(ハザード比0.31;p=0.015)(LF0212513) Level 2b)。
Yoshidaらも同様の検討を行い,肝硬変も含めた検討でインターフェロン投与は,発癌リスクを有意に減少させる(オッズ比0.516;p<0.001)と報告している(LF021906) Level 2b)。
Ikedaらは,C型慢性肝炎患者1,643人について同様の後ろ向き研究を行い,平均観察期間5.1年でインターフェロン投与群1,191人から28人の,非投与群452人から67人の発癌を認め,危険因子で補正した結果,インターフェロンは,C型慢性肝炎からの発癌を抑止する傾向が認められたが,有意ではなかったと報告している(ハザード比0.6;p=0.10)(LF1060116) Level 2b)。
いずれの論文でも,ウイルス駆除が達成された群では,有意な発癌率の減少を認めており,C型肝硬変に対するインターフェロン投与の結果と合わせて考えると,C型慢性肝炎に対するインターフェロン投与は有効な発癌予防策であると考えられる。
現在までのところ,インターフェロン+リバビリンあるいは,ペグインターフェロン+リバビリンによる肝細胞癌抑制効果を論じた論文はないが,より高いウイルス駆除率を達成できる治療がより高い発癌抑止効果を及ぼす可能性があり,推奨を「インターフェロンを中心としたウイルス駆除療法」とした。

■参考文献
1) LF01938 Papatheodoridis GV, Papadimitropoulos VC, Hadziyannis SJ. Effect of interferon therapy on the development of hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis C virus-related cirrhosis:a meta-analysis. Aliment Pharmacol Ther 2001;15(5):689-98.
2) LF02008 Camma C, Giunta M, Andreone P, Craxi A. Interferon and prevention of hepatocellular carcinoma in viral cirrhosis:an evidence-based approach. J Hepatol 2001;34(4):593-602.
3) LF02603 Nishiguchi S, Kuroki T, Nakatani S, Morimoto H, Takeda T, Nakajima S, et al. Randomised trial of effects of interferon-alpha on incidence of hepatocellular carcinoma in chronic active hepatitis C with cirrhosis. Lancet 1995;346(8982):1051-5.
4) LF07122 Mura D, Deliperi R, Fastame L, Carlini A, Cossu PA, Pisanu G, et al. Five years followup after interferon therapy in HCV-positive compensateed cirrhosis. Ital J Gastroenterol Hepatol 1998;30(S2):A114(#93)
5) LF01980 Gramenzi A, Andreone P, Fiorino S, Camma C, Giunta M, Magalotti D, et al. Impact of interferon therapy on the natural history of hepatitis C virus related cirrhosis. Gut 2001;48(6):843-8.
6) LF02190 Yoshida H, Shiratori Y, Moriyama M, Arakawa Y, Ide T, Sata M, et al. Interferon therapy reduces the risk for hepatocellular carcinoma:national surveillance program of cirrhotic and noncir-rhotic patients with chronic hepatitis C in Japan. IHIT Study Group. Inhibition of hepatocarcinogenesisby interferon therapy. Ann Intern Med 1999;131(3):174-81.
7) LF02266 Imai Y, Kawata S, Tamura S, Yabuuchi I, Noda S, Inada M, et al. Relation of interferon therapy and hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C. Osaka Hepatocellular Carcinoma Prevention Study Group. Ann Intern Med 1998;129(2):94-9.
8) LF02273 Benvegnu L, Chemello L, Noventa F, Fattovich G, Pontisso P, Alberti A. Retrospective analysis of the effect of interferon therapy on the clinical outcome of patients with viral cirrhosis. Cancer 1998;83(5):901-9.
9) LF02314 Serfaty L, Aumaitre H, Chazouilleres O, Bonnand AM, Rosmorduc O, Poupon RE, et al. Determinants of outcome of compensated hepatitis C virus-related cirrhosis. Hepatology 1998;27(5):1435-40.
10) LF02345 International Interferon-alpha Hepatocellular Carcinoma Study Group. Effect of interferon-alpha on progression of cirrhosis to hepatocellular carcinoma:a retrospective cohort study. Lancet 1998;351(9115):1535-9.
11) LF02433 Fattovich G, Giustina G, Degos F, Diodati G, Tremolada F, Nevens F, et al. Effectiveness of interferon alfa on incidence of hepatocellular carcinoma and decompensation in cirrhosis type C. European Concerted Action on Viral Hepatitis(EUROHEP). J Hepatol 1997;27(1):201-5.
12) LF02508 Mazzella G, Accogli E, Sottili S, Festi D, Orsini M, Salzetta A, et al. Alpha interferon treatment may prevent hepatocellular carcinoma in HCV-related liver cirrhosis. J Hepatol 1996;24(2):141-7.
13) LF02125 Inoue A, Tsukuma H, Oshima A, Yabuuchi T, Nakao M, Matsunaga T, et al. Effectiveness of interferon therapy for reducing the incidence of hepatocellular carcinoma among patients with type C chronic hepatitis. J Epidemiol 2000;10(4):234-40.
14) LF07125 Ikeda K, Saitoh S, Arase Y, Chayama K, Suzuki Y, Kobayashi M, et al. Effect of interferon therapy on hepatocellular carcinogenesis in patients with chronic hepatitis type C:A long-term observation study of 1,643 patients using statistical bias correction with proportional hazard analysis. Hepatology 1999;29(4):1124-30.
15) LF10114 Shiratori Y, Ito Y, Yokosuka O, Imazeki F, Nakata R, Tanaka N, et al. Antiviral therapy for cirrhotic hepatitis C:association with reduced hepatocellular carcinoma development and improved survival. Ann Intern Med 2005;142(2):105-14.
16) LF10601 Ikeda K, Arase Y, Saitoh S, Kobayashi M, Someya T, Hosaka T, et al. Anticarcinogenic impact of interferon on patients with chronic hepatitis C:a large-scale long-term study in a single center. Intervirology 2006;49(1-2):82-90.

 

書誌情報