ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
肝細胞癌治療アルゴリズム(図2)の解説


肝細胞癌の治療法選択における妥当な基準は?

【推 奨】
肝細胞癌の病態に応じた治療法の選択基準として「幕内班アルゴリズム」(図2)が推奨される。(グレードB)
【サイエンティフィックステートメント】
肝細胞癌の治療に関するアルゴリズムを,肝障害度・腫瘍数・腫瘍径の3因子を基に設定した。肝障害度AまたはBの症例においては,(1)腫瘍が単発ならば腫瘍径にかかわらず肝切除が推奨される(ただし,肝障害度Bの症例で腫瘍径が2cm以内ならば穿刺局所療法も選択される)(LF001781) Level 2b),(2) 腫瘍数が2個または3個で腫瘍径が3cm以内ならば肝切除または穿刺局所療法が推奨される(LF001781) Level 2b),(3) 同腫瘍数で腫瘍径が3cm超ならば肝切除または肝動脈塞栓療法が推奨される(LF062832) Level 1b),(4) 腫瘍数が4個以上ならば肝動脈塞栓療法または肝動注化学療法が推奨される(LF062832) Level 1b)(LF100333) Level 3)。肝障害度Cの症例においては,(1腫瘍数が3個以下で腫瘍径が3cm以内(および腫瘍が単発で腫瘍径が5cm以内)で,患者年齢が65歳以下ならば肝移植が推奨される(LF005404) Level 2a)(LF111445) Level 2b),(2腫瘍数が4個以上ならば緩和ケアが推奨される。なお,脈管侵襲を有する肝障害度Aの症例では肝切除・肝動脈塞栓療法・肝動注化学療法が,肝外転移を有する症例では化学療法が選択される場合がある。
【解 説】
肝障害度A,B症例における肝切除と穿刺局所療法の選択に関しては,現時点で日本における最も大規模な多施設共同研究の成果であるArii論文(LF001781) Level 2b)を根拠とした。肝動脈塞栓療法に関しては,Child-Pugh分類A,B症例の多発性肝細胞癌における有意の予後向上をランダム化比較試験で実証したLlovet論文(LF062832) Level 1b)を,肝移植に関しては,前向きコホート研究でミラノ基準を提唱したMazzaferro論文(LF005404) Level 2a)および生体肝移植を対象としたTodo論文(LF111445) Level 2b)を根拠とした。なお,肝切除と穿刺局所療法のランダム化比較試験(LF101346) Level 1b)(LF101357) Level 1b)は研究デザインに問題があり参考にとどめた。

【参考文献】
1) LF00178 Arii S, Yamaoka Y, Futagawa S, Inoue K, Kobayashi K, Kojiro M, et al. Results of surgical and nonsurgical treatment for small-sized epatocellular carcinomas:a retrospective and nationwide survey in Japan. The Liver Cancer Study Group of Japan. Hepatology 2000;32(6):1224-9.
2) LF06283 Llovet JM, Real MI, Montana X, Planas R, Coll S, Aponte J, et al. Arterial embolisation or chemoembolisation versus symptomatic treatment in patients with unresectable hepatocellular carcinoma:a randomised controlled trial. Lancet 2002;359(9319):1734-9.
3) LF10033 Sumie S, Yamashita F, Ando E, Tanaka M, Yano Y, Fukumori K, Sata M. Interventional radiology for advanced hepatocellular carcinoma:comparison of hepatic artery infusion chemotherapy and transcatheter arterial lipiodol chemoembolization. AJR Am J Roentgenol 2003;181(5):1327-34.
4) LF00540 Mazzaferro V, Regalia E, Doci R, Andreola S, Pulvirenti A, Bozzetti F, et al. Liver transplantation for the treatment of small hepatocellular carcinomas in patients with cirrhosis. N Engl J Med 1996;334(11):693-9.
5) LF11144 Todo S, Furukawa H;Japanese Study Group on Organ Transplantation. Living donor liver transplantation for adult patients with hepatocellular carcinoma:experience in Japan. Ann Surg 2004;240(3):451-9.
6) LF10134 Huang GT, Lee PH, Tsang YM, Lai MY, Yang PM, Hu RH, Chen PJ, Kao JH, Sheu JC, Lee CZ, Chen DS. Percutaneous ethanol injection versus surgical resection for the treatment of small hepatocellular carcinoma:a prospective study. Ann Surg 2005;242(1):36-42.
7) LF10135 Chen MS, Li JQ, Zheng Y, Guo RP, Liang HH, Zhang YQ, Lin XJ, Lau WY. A prospective randomized trial comparing percutaneous local ablative therapy and partial hepatectomy for small hepatocellular carcinoma. Ann Surg 2006;243(3):321-8.

図2 肝細胞癌治療アルゴリズム
図2 肝細胞癌治療アルゴリズム

 

書誌情報