ガイドライン

(旧版)急性膵炎診療ガイドライン2010

書誌情報
第3版の序

 
急性膵炎診療ガイドライン2010(第3版)出版責任者
高田  忠敬

2003年7月に第1版の「急性膵炎の診療ガイドライン」が出版された。これは,日本腹部救急医学会の基礎的仕事として1994年から積み上げられた多くの努力によって結実したもので,系統的エビデンス検索,明確な推奨文と推奨度,フローチャート作成の雛型となっている。金原出版株式会社(東京)から出版されているとともに,世界への発信としてJournal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2006;13:168.にJPN guidelines for the management of acute pancreatitisとして投稿し,出版されている。
出版後4年経過した2007年に第2版が出版された。この4年間に急性膵炎の死亡率も7.2%から2.9%に改善されたが,最重症例での死亡率が30%を超えていることから難病(特定疾患)に指定されている。第2版では,新たなエビデンスの蓄積とそれに伴う日本の臨床医療の変化などで,ガイドラインの改訂が求められた。第1版の作成担当団体である日本腹部救急医学会,日本膵臓学会に加え,厚生労働科学研究班(高田班)に日本医学放射線学会の参加があった。文中の症例画像や,画像診断の項は放射線診断医の立場から全面改訂となった。
出版後2年しか経過していないのに,なぜ第3版を今出版しなければならないか?という疑問がでてくるであろう。
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業;難治性膵疾患に関する調査研究(下瀬川班)による平成20年度総括・分担研究報告書において,急性膵炎重症度判定基準(2008)の検証が報告された。これでは,これまで用いられていた旧重症度基準で重症とされた症例のうち約半数が新基準では軽症とされるなど抜本的改訂であった。このままでは第2版ガイドラインとの整合性が全くなくなるということで,今回,第3版の改訂を行ったわけである。
第3版では,予後因子のみで重症度を判定できるとともに,造影CT Gradeと合わせて重症とされるものでは死亡率がきわめて高いことがわかった。これに伴う改訂が所々に見られている。さらに,今回初めての試みであるが,臨床指標[Clinical indicator(CI):Pancreatitis Bundle]を提示した。これは,急性膵炎の診療の質を向上させ,ガイドラインの遵守度を評価することが望ましいとされており,今回提示した。
このようなことで,本ガイドラインが臨床医に適切な情報を提供し,なにより患者に対し最良の医療が行われることに役立てば幸いである。

2009年7月吉日

 

書誌情報